ニュース
» 2011年02月10日 00時50分 UPDATE

CP+2011:富士フイルム 注目はやっぱり「FinePix X100」

富士フイルムブースでは特に人気なのは発売日と実売想定価格がアナウンスされた「FinePix X100」。CP+開幕初日、平日にもかかわらず行列ができていた。

[ITmedia]

 富士フイルムブースでは先日発表された「FinePix X100」や、裏面照射型CMOSセンサー「EXR CMOSセンサー」を搭載した「FinePix F500EXR/HS20EXR」、3D撮影可能な2眼レンズコンパクトデジカメ「FinePix REAL 3D W3」による3D撮影体験などを中心としているが、特に人気なのは先日、発売日と実売想定価格がアナウンスされた「FinePix X100」だ。

photophotophoto 「FinePix X100」

 ブースには8台のFinePix X100を用意しているが、平日にもかかわらず夕刻近くには30分待ちになるほどの人気だった。また、体験コーナー付近にはFinePix X100で撮影した写真の展示も行われており、多くの人が足を止めて見入っていた。

photophotophoto

 「FinePix F500EXR」については、撮影モード「プレミアムEXR AUTO」で利用できる4枚の高速連写と重ね合わせによって、夜景などでもブレずに低ノイズでの撮影を行える「インテリジェントブレ防止」を体感できる暗所を設置していた。

photophotophoto 、裏面照射型CMOSセンサー「EXR CMOSセンサー」を搭載した「FinePix F500EXR」(写真=左)と「FinePix HS20EXR」(写真=中)、「インテリジェントブレ防止」の体験コーナー(写真=右)

 そのほか、GPS搭載のタフネスデジカメ「FinePix XP30」や予備バッテリー標準装備の「FinePix T300」、16.7ミリのスリムボディに5倍ズーム、1600万画素の「FinePix JX400」など発表されたばかりのFinePixシリーズを一堂に会して展示しているほか、全8種類(3D対応製品を含めれば9種類)と豊富なバリエーションを用意するデジタルフォトフレームについても展示されていた。

photophotophoto GPS搭載のタフネスデジカメ「FinePix XP30」(写真=左)、予備バッテリー標準装備の「FinePix T300」(写真=中)、デジタルフォトフレームはカラバリを含めて大量に展示

関連キーワード

FinePix | CP+ | FinePix X100 | 富士フイルム | GPS


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう