ニュース
» 2011年02月28日 14時51分 UPDATE

ビデオカメラ販売ランキング(2月7日〜13日):モデルチェンジ真っ最中、ビデオカメラの旧モデルは「買い」か

間もなく3月。卒業式や入学式などファミリーイベントが眼前に迫る時期だけに、ビデオカメラの市場動向が気になる人も多いはず。価格の下がる旧モデルは買いか、考えてみよう。

[ITmedia]

 間もなく3月。卒業式や入学式などファミリーイベントが眼前に迫る時期だけに、ビデオカメラの市場動向が気になる人も多いはず。GfK Japan調べによる、デジタルカメラの販売ランキングをまとめた。

ビデオカメラ販売ランキングTOP10

2011年2月14日〜20日
順位前回順位メーカー製品名
1位1パナソニックHDC-TM35
2位2日本ビクターGZ-HM670
3位23パナソニックHDC-TM45
4位4日本ビクターGZ-HM450
5位3キヤノンIVIS HF M32
6位5キヤノンIVIS HF R11
7位10キヤノンIVIS HF M41
8位13日本ビクターGZ-HM690
9位6ソニーHDR-CX370V
10位7パナソニックHDC-TM60

この記事は、マーケティング会社GfK Japan調べによる全国の家電量販店のPOSデータを集計し、モデル別のランキングで紹介しています。

 トップはパナソニックの2010年夏モデル「HDC-TM35」。パナソニック製品は3位に2011年春モデルの「HDC-TM40」、10位に同じく2011年春モデルの「HDC-TM60」もランクインしている。日本ビクターとキヤノン製品も人気で、それぞれランキングに3機種をランクインさせているが、ソニーは春モデルが2月25日よりの販売開始とランキング集計期間(2月14日〜20日)とタイミングが合わなかったためか、1機種のランクインにとどまっている。

photo 「HDC-TM35」 バッテリー装着時でも約227グラムの軽さも人気の一因

 2011年春モデルの傾向についてはこちら(ビデオカメラ2011春モデル、3つの傾向)にまとめたが、抜粋すれば要点は「レンズの広角化」「録画した映像の活用提案」「3D対応モデルの増加」の3つ。これらを裏返せば(いささか極論ではあるが)、基本的なファミリー向けの家庭用デジタルビデオカメとしては既にほぼ各社製品ともに完成の域に達しており、新製品では各社ともに付加価値の提案を行っている状態だといえる。

 もちろん、これには映像フォーマットが画面サイズ1920×1080/記録形式AVCHDであるという前提がある。3Dテレビのさらなる普及やスーパーハイビジョンの登場といった要素を加味するならば話は違ってくるが、向こう半年程度で大勢に変化はないだろう。そうなると、「旧モデルでも買いなのか」という疑問が当然浮かぶ。

 答えは「そのモデルの登場時期によっては○」だろう。新モデルと既存モデルの性能差が小さくなっているのは事実なので、直接的に描画に関係しない機能やスペック(3D撮影やGPS関連機能などが該当するだろう)の差異が小さいならば、既存モデルでも良いかもしれない。ただ、あまりないケースだとは思うが、2009年春より前のモデルと現行製品は比較対象とならない。その場合には迷わず現行製品を買うべきだ。

 今春モデルでは一般的なものとなりつつある裏面照射センサーや、歩きながらでの撮影でも強力に補正を行うブレ補正機構の先駆者はソニーの2009年春モデル「HDR-XR520V/500V」で、各社現行製品はなんらかのカタチで影響を受けている。記録できる映像こそ、一昨年のモデルも今年のモデルも1920×1080のフルハイビジョンではあるが、暗所撮影のきれいさや手ブレ補正といった、誰の目で見ても映像に差がある部分でビデオカメラはここ2年で長足の進歩を遂げているからだ。

 また、室内での撮影が多い人にも、今春モデルには勧めやすい製品が多い。前述したが、今春モデルは比較的広角側に焦点距離を拡大したモデルが多く、室内での撮影(日常撮りともほぼ同意義になるだろう)を多く行いたいと考えているならば、動画撮影時(35ミリ換算)で30ミリ台のスペックを持つ製品が望ましいからだ。いずれにしても「どのような被写体を」「どのようなシーンで多く撮るか」をよく考えてから製品選びを進めたい。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう