ニュース
» 2011年03月14日 12時20分 UPDATE

キヤノングループ総額3億円を支援、宇都宮事業所など操業を停止

キヤノンは東北地方太平洋沖地震の被災者に向けた義援金として、日本赤十字社などを通じ、グループ総額3億円を支援する。

[ITmedia]

 キヤノンは東北地方太平洋沖地震の被災者に向けた義援金として、日本赤十字社などを通じ、グループ総額3億円を支援する。また、必要に応じての物資提供も行う。

 また、13日15時時点の同社及び同社グループの被害状況についてはこちらのURLにて公開している。宇都宮・取手・阿見の各事業所、ならびにキヤノンプレシジョン、キヤノンオプトロン、キヤノン化成岩間工場、福島キヤノン、キヤノンモールドについては人的被害なしであるものの、3月15日以降の予定は未定となっている。

 なお、宇都宮事業所、福島キヤノンについては被害の程度が大きく、復旧までのある程度の日数がかかる見込みだという。

 関東以西における事業所・グループ会社については、人的被害、建物・設備等への大きな被害はなく、3月14日から平常通り操業する予定となっている。

関連キーワード

キヤノン | 寄付・募金 | 地震


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう