ニュース
» 2011年03月28日 10時03分 UPDATE

デジタルカメラ総合販売ランキング(3月14日〜20日):キヤノン春モデル「EOS Kiss X5」がランキング登場 (1/2)

販売開始されたキヤノンの春モデル「EOS Kiss X5」がランクイン。価格のこなれたニコン「D3100」も引き続き高い人気を誇っている。

[ITmedia]
photo EOS Kiss X5

 GfK Japan調べによる、デジタルカメラの販売ランキングをまとめた。デジタル一眼のランキングでは3月に販売開始されたキヤノンの春モデル「EOS Kiss X5」(ダブルズームキット)がランクインした(レビュー:バリアングル対応の一眼レフ入門機――キヤノン「EOS Kiss X5」)

 EOS Kiss X5は「EOS Kiss X4」の上位に位置するエントリークラスの製品で、上位機種「EOS 60D」と同様のバリアングル液晶が目をひくが、被写体や情景に応じて、フォーカス/露出/ホワイトバランス/オートライティングオプティマイザ/ピクチャースタイルの5つをカメラが制御する撮影モード「シーンインテリジェントオート」の搭載も目をひく。

 いわゆるシーン識別フルオートだが、判別後にプリセットされた撮影モードを適用するのではなく、被写体の状態にあわせて補正量をリニアに変更するため、同社コンパクトデジカメの「こだわりオート」に比べて、常に最適な補正を行えるという。

 有効1800万画素の撮像素子や画像処理エンジン「DiGiC 4」など基本的なスペックはEOS Kiss X4と共通しているので、X4/X5のどちらを選ぶかという際には、価格とバリアングルの有無、強化された全自動撮影モード(シーンインテリジェントオート)の有無がポイントになるだろう。

 キヤノンの春モデルとしては、X5のほか、コンパクトデジタルカメラからのステップアップを考える、一眼入門層を対象としたエントリーモデル「EOS Kiss X50」が用意される。震災の影響で発売日が遅れてしまったが、ボディカラーをブラック/レッドの2色用意したほか、定評ある単焦点レンズ「EF50mmF1.8 II」を組み合わせたキットも用意されるなど、こちらも魅力ある製品となっている。

 そのほかにはニコン「D3100」のロングヒットが目立つ。D3100は昨年夏のモデルだが、有効1420万画素CMOSセンサーやフルハイビジョン動画撮影機能、モニターに表示される案内に沿って操作するだけで利用者のイメージする写真を撮影できる「ガイドモード」など充実した機能を持つほか、ダブルズームキットで6万3300円、レンズキットで4万2232円と(3月28日現在、Amazon.co.jpでの販売価格)と価格面でもこなれていることが人気の要因と考えられる。

デジタル一眼販売ランキングTOP10

2011年3月14日〜20日
順位前回順位メーカー製品名
1位1キヤノンEOS KISS X4 ダブルズームキット
2位2ソニーNEX-5D
3位3ニコンD3100 ダブルズームキット
4位5パナソニックDMC-GF2W
5位6ニコンD90 AF-S DX18-105G VRレンズキット
6位4ニコンD3100 レンズキット
7位7ソニーNEX-3D
8位8オリンパスE-PL2 ダブルズームキット
9位15キヤノンEOS KISS X5 ダブルズームキット
10位9ニコンD7000

※表内の製品名から購入サイトへアクセスできます。
この記事は、マーケティング会社GfK Japan調べによる全国の家電量販店のPOSデータを集計し、モデル別のランキングで紹介しています。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう