ニュース
» 2011年04月22日 13時05分 UPDATE

リコー「GRX」に修正ファームウェア

リコーはデジタルカメラ「GXR」用ファームウェア(V1.36)の提供を開始した。レンズユニットすべてが対象で、細かな不具合の修正が主な内容となっている。

[ITmedia]
photo リコー「GXR」

 リコーはデジタルカメラ「GXR」用ファームウェア(V1.36)の提供を開始した。レンズユニット「GR LENS A12 28mm F2.5」「GR LENS A12 50mm F2.5 MACRO」「RICOH LENS S10 24-72mm F2.5-4.4 VC」「RICOH LENS P10 28-300mm F3.5-5.6 VC」すべてが対象で、細かなバグフィックスが主な内容となっている。

 ・クロスプロセス撮影時に露出補正を行うと、液晶画面の色が実際の色と異なる不具合の修正(カメラユニットすべて)

 ・暗い環境でシーンモード「ソフトフォーカス」「クロスプロセス」「トイカメラ」「ミニチュアライズ」「ハイコントラスト白黒」のいずれかで撮影すると、キー操作を受け付けなくなることがある不具合の修正(A12 28mm、A12 50mmのみ)

 ・明るい環境で撮影をした後、電源を入れ直すと露出が適正にならない不具合の修正(A12 28mmのみ)

関連キーワード

リコー | GXR | ファームウェア


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう