レビュー
» 2011年04月26日 08時00分 UPDATE

荻窪圭の携帯カメラでこう遊べ:高感度で画質も上々、ただし操作性にはやや難あり――「Xperia arc SO-01C」 (2/3)

[荻窪圭,ITmedia]

ISO500くらいなら十二分に使える

 撮像素子が変わって写りがよくなったか、というと、よくなったのである。高感度のみならず、全体の画質が上がった。

photo

 いつもの象のすべり台。カラッと晴れてないときだったのでいまひとつ派手さには欠けるが、よく見るとディテールもちゃんと出ているし、色のバランスもいい。ディテールがいいのは撮像素子じゃなくてレンズのせいだけど。

photophoto 「標準」(写真=左)と「風景モード」(写真=右)で撮影した写真

 続いてあずまや。桜が咲いている分、より華やかできれいに見えるのは割り引くとしても、ディテールの描写がしっかりしているし陰影もきれいに出てるし、何よりシャープ。モバイル機器のカメラってレンズにコストをかけられないので、広角にすればするほど四隅の画質劣化が大きいのだが、Xperia arcはかなり頑張っていてそれも目立たない。予想以上にしっかりした写りを見せてくれたのだ。

 さらにいくつかの写真を。

photo
photophoto

 季節が季節なので桜の写真を。といっても、ソメイヨシノではなくてオオシマザクラ。

photo

 ちょっとシャープネスが強めにかかっているので、遠景だとディテールが不自然になったりもするが、それでもこれだけ写れば文句はあるまい。

photophoto 「標準」(写真=左)と「風景モード」(写真=右)で撮影した写真

 風景モードにすればかなり見栄えのよい発色を見せてくれる。これはよいことである。月も写ってるし。ついでに夕日も撮ってみた。

photo

 グラデーションがなかなかきれい。昼間の屋外ではISO80という低感度で撮れるので、それなりにきれいに写って当たり前かもしれない。ではもう少し暗いところで撮ってみる。

photophoto ISO125で撮った果物屋の店頭(写真=左)と、ISO250で撮った西日が差すロビー(写真=右)
photophotophoto ISO250、昼間の室内で撮ったネコ(写真=左)。ISO400で撮ったいちごムース(写真=中)。ISO400で撮ったモンブランパフェ(写真=左)
photophoto ISO500で撮ったカラーチャート(写真=中)と、ISO1000、暗い部屋で撮ったネコ(写真=右)

 ISO500くらいなら十二分に使えるレベルだ、というか、ノイズも目立たずディテールもしっかりしていてなかなかの写りだ。

 さらに暗いところへ行く。

photo ISO1600、暗い白熱灯の下で撮っただるまと赤べこ

 さすがにISO1600まで上げると偽色ノイズが目立ってくるけれども、これだけ実用レベルで撮れれば感心していいレベルだ。

 ついでに動画もなかなかのレベル。720pのHD動画を撮れる。ファイル形式はMP4だ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう