ニュース
» 2011年06月16日 14時28分 UPDATE

リコー“現場仕様”デジカメ「G700」の新ファームウェア

リコーは防水防じんデジタルカメラ「G700」向け機能拡張ファームウェアを提供開始する。

[ITmedia]

 リコーは6月16日、防水や防じん、対衝撃といった“現場向け”性能を備えたデジタルカメラ「G700」向け機能拡張ファームウェアを6月17日より提供開始すると発表した。

photo 「G700」

 対象となるのはG700/G700SE/G700安心保証モデルの3つで、適用することで以下の機能拡張が行われる。

  • カメラメモ機能に拡大画像の拡大・移動機能を追加
  • カメラメモ機能にオン/オフ機能を追加
  • CALS画質/サイズ項目の追加
  • 二次元バーコードの種類追加
  • コンパスデータ取得機能の追加(G700SEのみ)
  • コンパス偏角補正選択機能の追加(G700SEのみ)
  • 動画撮影中のGPS表示機能追加(G700SEのみ)
  • コンパス表示の設定項目に「度数」を追加(G700SEのみ)

 G700は“現場仕様”をうたう防水・防じん・対衝撃性能を備えたデジタルカメラで、薬品による消毒にも対応するほか、電子納品に利用できるCALS保存といった機能も備えており、さまざまな現場で活躍できる。

関連キーワード

リコー | ファームウェア | デジカメ | 防水


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう