ニュース
» 2011年06月21日 20時12分 UPDATE

ペンタックス、「645D」「K-5」「K-r」をGPS対応とする新ファームウェア

ペンタックスが「645D」「K-5」「K-r」の新ファームウェアを提供開始した。適用することで、先日発表のGPSユニット「PENTAX O-GPS1」への対応などが図られる。

[ITmedia]

 ペンタックスは6月21日、同社製デジタルカメラ「645D」「K-5」「K-r」の新ファームウェアを提供開始した。適用することで、先日に発表したデジタル一眼レフ用GPSユニット「PENTAX O-GPS1」への対応などが図られる。

 645D用ファームウェアのバージョンは1.10で、適応することでO-GPS1に対応する(645Dの構造上、天体追尾機能は利用できない)。また、先にリリースされているファームウェア1.02の内容も同時に適用される。

photophoto GPSユニット「PENTAX O-GPS1」と「K-5」の組み合わせ(写真=左)、「PENTAX O-GPS1」(写真=右)

 K-5ならびにK-rの新ファームウェアバージョンは1.10で、適用することでO-GPS1に対応する。K-rのコラボレーションモデルに本ファームウェアを適用した場合、オリジナル起動画面は消去される。両モデルとも、以前に提供されたファームウェア(K-5は1.03、K-rは1.01)の内容も適用される。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう