レビュー
» 2011年07月06日 08時30分 UPDATE

初心者もハイアマも満足、懐の広さが魅力の1台――ソニー「NEX-C3」 (1/4)

ソニー「NEX-C3」はNEX-3の後継機だが、各所の改良によって、前モデルよりターゲットが幅広くなり、コンデジからのステップアップ層にもハイアマ層にも使いやすい懐の広い製品となった。

[荻窪圭,ITmedia]

 どうやら2011年の夏は「ミラーレス一眼」の季節のようで、ソニー、パナソニック、オリンパス、ペンタックスとこぞって新製品を投入する。その中からいち早く登場したソニー「NEX-C3」のレビューをお届けするのである。

 APS-Cサイズのセンサーを搭載しながら、それまでの「カメラのデザイン」にとらわれず、ギリギリまで小型化をして多くの人を驚かせたのが、2010年初夏に登場したソニーのNEX。小型化のためにEVFのみならず内蔵ストロボもとりはらい、レンズが大きく見えるほどボディを小型化し、そのかわりチルト式液晶モニタを搭載して、目の前で構えるためのデザインから自由になったのが印象的だったのだ。

photo カラバリはブラック、シルバー、ピンクの3色あるがこれはもっともオーソドックスなブラック。ツートンカラーでデザイン的にもいい感じに落ち着いた。装着しているレンズは標準レンズ「E18-55mm F3.5-5.6 OSS」。レンズフードも付属する。

 そのNEXにはNEX-3とNEX-5が用意されていたが、今回リニューアルしたのはNEX-3の方だ。

ダイエットに成功したNEX-C3

 NEX-5が余計な脂肪がないマッチョなカメラだとすれば、NEX-3はもうちょっとダイエットできそうだよね感の漂うボディだったわけだが、NEX-C3はそのNEX-3が心機一転、ダイエットに励んだらここまで身体が締まりました、と。NEX-3のもつ柔らかい感じを保ちつつダイエット成功。第一印象はそんな感じ。

photo 16ミリの単焦点レンズ「E16mm F2.8」を装着して正面から。両サイドが微妙に丸みを帯びている点と、グリップ部がストライプからドットへとグラデーション的に凹凸がついている点に注目。このグリップはなかなか持ちやすい
photo いかにも体脂肪率が低そうなNEX-5(右。私物なので傷アリ)と並べてみた。ほどよくスリムになったがNEX-5ほどマッチョさはないのがC3のよさ

 小さくなったのみならず、ボディは軍艦部を設けたツートーンにしたおかげでデザイン的なバランスもよくなった。もちろんチルト式液晶モニタを保ったままだ。でも小さすぎて使い勝手が落ちては元も子もないので、細部をチェックしてみる。

photophoto ディスプレイ部は薄くなったが、上下の開閉角度は前モデルと同じ

 まずはグリップ。ふくらみそのものは小さくなったが、持った感じは悪くない。NEX-5ほどぎゅっと握れはしないが、NEX-3よりは落ち着く。小型化の影響が気になったのは背面のボタン類。ソフトキーAとB(要するに上と下のボタン)が円形から縦長のだ円形に変更されたので、押しづらいと感じたのだ。

photo 背面から。相変わらずロータリーダイヤル兼十字キーと2つのボタンという超シンプルな構成。ボタンが縦長になった分ちょっと手探りでの操作はしにくくなった感がある

 でもおおむね、見た目も使い勝手も持ち歩きやすさもいい感じになった。NEX-3のデザインにちゅうちょしていた人もこれなら問題ないかも。

photo 左手でレンズを支え、液晶モニタを開くと簡単にローアングルで撮影できる。これがNEXの楽しさだと思う。液晶モニタもなかなか見やすい

 性能面での変化は撮像素子。裏面照射型CMOSセンサー「Exmor APS HD CMOSセンサー」は有効画素数1600万画素の最新型に変更された。NEX-3が1420万画素だったので、画素数的にはたいして違わないが、高感度時の絵がちょっとよくなったのと、動画時に画角が変わらなくなったのが大きい。

 NEX-3/5のセンサーはHD動画撮影時に画角が狭くなっていたが、NEX-C3はそのままの画角で動画撮影ができるのだ。ただし、HD動画は1280×720ピクセルどまりでMP4ファイル。フルHDではないのはNEX-3後継機というキャラクターのためか。

photo 薄型化のために、カードスロット(SDカードとメモリースティックDuoのどちらかを使える)の位置が三脚穴の脇に移動した。三脚使用時はメディア交換できないが、まあそれで困るシーンはあまりないだろう
photo 上から。シャッターボタン周りにオンオフ。レンズ上のカバーを開けるとコネクタがあらわれ、付属の小型フラッシュや新製品の大容量フラッシュを装着できる。今のところそれ以外のアクセサリは出てない。GPSユニットとかEVFとかつくとまた面白いのだが
       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.