ニュース
» 2011年07月12日 17時40分 UPDATE

キヤノン、新デザインの望遠ズームレンズ「EF-S55-250mm F4-5.6 IS II」

キヤノンは既存製品「EF-S55-250mm F4-5.6 IS」の後継となる望遠ズームレンズ「EF-S55-250mm F4-5.6 IS II」を発売する。光学設計はそのままに、デザインを変更した。

[ITmedia]

 キヤノンは7月12日、望遠ズームレンズ「EF-S55-250mm F4-5.6 IS II」を7月29日より販売開始すると発表した。価格は4万7250円。

 既存製品「EF-S55-250mm F4-5.6 IS」の後継となるモデルで、「EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS II」と同一のデザインを施した。製品名プリントの位置変更、ズーム環前部「IMAGE STABILIZER」ロゴを「Canon」ロゴに変更、ズーム指環部のカラー変更などといったデザインの変更以外、光学設計に変更はない。

photo 「EF-S55-250mm F4-5.6 IS II」

 EF-S55-250mm F4-5.6 IS IIは約4段分の手ブレ補正効果を持つ望遠ズームレンズで、APS-Cサイズセンサーのカメラに装着した際には88〜400ミリ相当の望遠撮影を行える(35ミリ換算時)。レンズ構成は10群12枚、最短撮影距離は1.1メートル、最大撮影倍率は0.31倍(250ミリ時)。サイズは70(最大径)×108(全長)ミリ、約390グラム。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう