ニュース
» 2011年07月14日 13時36分 UPDATE

2段階タッチシャッター搭載、指先で操る「IXY 32S」

キヤノンがタッチパネルでのシャッター操作が可能な「IXY 32S」を発売する。画面に指で触れるとそのポイントへピントを合わせ、指を離すとシャッターが切れる2段階方式を採用した。

[ITmedia]

 キヤノンは7月14日、コンパクトデジタルカメラ「IXY 32S」を8月上旬より販売開始すると発表した。価格はオープンで、実売想定価格は3万円前後。

 2011年春に発表された「IXY 31S」の後継モデル。1/2.3型 有効1210万画素の裏面照射型CMOSセンサーと画像処理エンジン「DiGiC 4」を組み合わせたノイズ低減/ダイナミックレンジ拡大システム「HS SYSTEM」やF2.0からの明るいレンズ、タッチパネル液晶などの特徴はそのまま、画面に触れることでシャッターを切れるタッチシャッターを新たに搭載した。

photophoto
photophoto 「IXY 32S」

 新製品のタッチシャッターは画面に指で触れるとそのポイントへピントを合わせ、指を話すとシャッターが切れる2段階方式を採用しており、触れた後(シャッターを切る前)のピント確認が容易なほか、画面に触れている間は被写体追尾AFが機能するため、動いている被写体の撮影もタッチパネル操作で行える。

 そのほかの仕様はIXY 31Sと同様で、レンズは35ミリ換算24〜105ミリ相当の光学4.4倍ズームレンズで、開放F値はF2.0-5.8。シャッタースピード約4段分の効果を持つ光学式手ブレ補正機構も備えている。

 フルオート撮影機能「こだわりオート」は、撮影状況に合わせた撮影モードが自動的に選択されるほか、主被写体が人物ではなくとも、カメラが対象の色やコントラスト、大きさから対象が主被写体であると認識し、ピントと露出を合わせ続ける「主役フォーカス」機能もこだわりオートに含まれている。こだわりオートは最大1920×1080ピクセルのフルハイビジョン動画撮影時にも機能し、動画撮影中にも手ブレ補正は有効となる。

 サイズは100.6(幅)×55.4(高さ)×25(奥行き)ミリ。カラーはゴールド、ピンク、シルバー、ブラックの4色展開で、トップコート処理を施すことで華やかな雰囲気を演出している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.