ニュース
» 2011年07月25日 13時50分 UPDATE

シリーズ初のタッチパネルで快適操作 サイバーショット「DSC-WX30」

ソニーがサイバーショットWシリーズとしては初めて、タッチパネル液晶を搭載した「DSC-WX30」を発売する。超解像ズームによって、250ミリ相当のズーム撮影も美しく撮影できる。

[ITmedia]

 ソニーは7月25日、コンパクトデジタルカメラ“サイバーショット”の新製品「DSC-WX30」を8月5日より販売開始すると発表した。価格はオープンで、実売想定価格は3万円前後。

 沈胴式ズームレンズを搭載した「Wシリーズ」として初めて、タッチパネル液晶(3型ワイド 92万画素/感圧式)を搭載、指先での操作を可能としたほか、NEX-C3などが搭載したデジタルフィルター「ピクチャーエフェクト」も7種類(トイカメラ、パートカラー、ミニチュア、ソフトハイキー、ポップカラー、リッチトーンモノクロ、絵画調HDR)搭載した。

photophotophoto
photophoto 「DSC-WX30」

 レンズは手ブレ補正機構付き光学5倍ズームレンズ(35ミリ換算25〜125ミリ)だが、超解像技術によって光学10ズーム相当の静止画望遠撮影も行える。この超解像技術は、全画素が周辺画素からパターン分類を行ったのち、数百パターンを収めたデータベースを元に画像補完を行う「全画素超解像方式」が採用されており、劣化を大幅に抑えたズーム撮影が可能となっている。

 撮像素子は有効1620万画素の1/2.3型“Exmor R”CMOSセンサーで、1920×1080ピクセルのフルハイビジョン動画撮影も可能だ。動画撮影時には、光学式/電子式を組み合わせた手ブレ補正モード「アクティブ」が機能し、歩きながらの動画撮影時にもブレを効果的に抑制するほか、ワイド端でも効果を発揮する。

 記録メディアにはSD/SDHC/SDXCメモリーカードおよび、メモリースティックPROデュオ、PRO-HGデュオを使用する。サイズは92.2(幅)×51.9(高さ)×19.1(奥行き)ミリ、約117グラム(メモリースティックデュオ、バッテリー含む)。

iconicon

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.