ニュース
» 2011年07月27日 15時19分 UPDATE

富士フイルム、乾電池が使える30倍ズーム機「FinePix S4000」

富士フイルムは30倍ズームレンズを搭載したデジタルカメラ「FinePix S4000」を発売する。単三形乾電池で駆動するため、出先での不意な電池切れにも対応しやすい。

[ITmedia]

 富士フイルムは7月27日、30倍ズームレンズを搭載したデジタルカメラ「FinePix S4000」を8月6日より販売開始すると発表した。価格はオープンで、実売想定価格は3万円前後。

photo 「FinePix S4000」

 35ミリ換算24〜720ミリ(F3.1-5.9)の光学30倍“フジノン”レンズを搭載した高倍率ズーム機。2センチまでの接写が可能なマクロ撮影機能も備えており、幅広い撮影領域を1台でカバーする。手ブレ補正はCCDシフト式。高倍率撮影時に便利な機能として、自動追尾AFや液晶画面に撮影範囲をフレーム表示する「ねらい撮りズーム」、1回のシャッターで等倍/1.4倍/2倍の撮影を行う「ズームアップ3枚撮り」などの機能を用意している。

photophoto
photophoto

 撮像素子は1/2.3型 有効1400万画素CCDで、最大1280×720ピクセルのハイビジョン動画も撮影できる。単三形乾電池4本(ニッケル水素、リチウム対応)で駆動するため、出先での不意な電池切れにも対応しやすい。背面液晶は3型(46万画素)で、サイズは118(幅)×80.9(高さ)×99.8(奥行き)ミリ、約540グラム(付属電池、メモリーカード含む)。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう