ニュース
» 2011年07月29日 09時00分 UPDATE

シグマ、大口径中望遠マクロレンズ「SIGMA MACRO 105mm F2.8 EX DG OS HSM」

シグマは手ブレ補正機構を搭載し、手持ちでの撮影を容易とした中望遠マクロレンズ「SIGMA MACRO 105mm F2.8 EX DG OS HSM」を発売する。

[ITmedia]

 シグマは7月29日、大口径中望遠マクロレンズ「SIGMA MACRO 105mm F2.8 EX DG OS HSM」(キヤノン用)を8月5日に販売開始すると発表した。価格は11万7600円。シグマ用とニコン用も後日販売される予定。

photo 「SIGMA MACRO 105mm F2.8 EX DG OS HSM」

 手ブレ補正機構を搭載し手持ちでの撮影を容易とした中望遠マクロレンズで、最短撮影距離は31.2センチ、最大倍率は1:1。レンズ構成は高屈折率SLDガラス1枚とSLDガラス1枚を含む11群16枚構成で、フローティングインナーフォーカスの採用によって撮影距離の変化に伴う歪曲収差も抑制している。

 絞り羽根は9枚(円形絞り)で、HSMの搭載によって高速なAFも可能としている。フィルター径は62ミリで、サイズは78.3(最大径)×126.4(全長)ミリ、725グラム。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう