ニュース
» 2011年08月10日 13時59分 UPDATE

明るく低消費電力 ソニーがデジカメ向けに「RGBW方式」液晶

ソニーがデジタルカメラ向けとして「RGBW方式」の液晶モジュールを商品化した。従来比50%の低消費電力性や屋外での視認性向上を実現する。

[ITmedia]

 ソニーは8月10日、デジタルカメラ向けとしてレッド/グリーン/ブルー/ホワイトの4色で構成される「RGBW方式」の液晶モジュール「WhiteMagic」を商品化、10月上旬より出荷すると発表した。

 液晶パネルで一般的なRGB(赤/緑/青)にW(白)を加えることで、画面全体の明るさを向上させた。液晶の画素に白色画素を加えると画質劣化につながると言うが、WhiteMagicでは入力画像を解析して適切な信号処理を施すことで、画質劣化を抑えたという。

photophoto 「RGBW方式」の液晶モジュール「WhiteMagic」

 画面全体が明るいというメリットを生かすため、バックライトの消費電力を50%低減しても従来製品と同等の明るさにできる「低消費電力モード」、消費電力を上げないままに輝度を約2倍として屋外での視認性を高める「屋外モード」と2つのモードを搭載した。

 10月上旬より出荷されるのは3型(124万画素 640×RGBW×480)でコントラスト比は1000:1、視野角は上下左右160度。「低消費電力モード」での表面輝度は470カンデラ/平方メートル(消費電力225ミリワット)、「屋外モード」では1000カンデラ/平方メートル(同400ミリワット)。

 まずはデジタルカメラ用液晶としての利用が想定されるが、スマートフォンなど各種モバイル機器への応用も可能だという。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう