ニュース
» 2011年08月17日 16時27分 UPDATE

ビデオカメラ総合販売ランキング(8月1日〜7日):夏の水辺では防水Xactiを思い出します

水辺が恋しい時期になると防水Xactiを思い出します。あなたはもういないのですね。

[ITmedia]

 GfK Japan調べによる、デジタルビデオカメラの販売ランキングをまとめた。ソニー“ハンディカム”の人気が高く、ミドルクラスの「HDR-CX560V」、エントリークラスの「HDR-CX180」がワン・ツーを飾っている。3位にはパナソニックの「HDC-TM45」がランクインしている。

photophoto 「HDR-CX560V」(写真=左)、「HDR-CX180」(写真=右)

ビデオカメラ総合販売ランキングTOP10:

8月1日〜7日
順位前回順位メーカー製品名
1位1ソニーHDR-CX560V
2位2ソニーHDR-CX180
3位3パナソニックHDC-TM45
4位4日本ビクターGZ-HM450
5位5日本ビクターGZ-HM670
6位6キヤノンIVIS HF R21
7位7パナソニックHDC-TM85
8位8パナソニックHDC-TM90
9位12ソニーHDR-CX700V
10位13キヤノンIVIS HF M41

この記事は、マーケティング会社GfK Japan調べによる全国の家電量販店のPOSデータを集計し、モデル別のランキングで紹介しています。


 ビデオカメラについては今年春の各社発表から、モデルの追加・入れ替えがほとんどないこともあり、売れ筋は5月のゴールデンウィーク時からほぼ変わらない(→ビデオカメラ総合販売ランキング(5月2日〜8日):ビデオカメラはエントリークラスが売れている 60pは必要?)。6月末にはパナソニックがガングリップタイプのビデオカメラ「HX」シリーズを販売開始しているが、ランキングに影響を与えるほどの反響は得られていないようだ。

 ガングリップタイプといえば三洋電機の「Xacti」シリーズが有名だが、同社は既にパナソニックの子会社となっており、「パナソニックのガングリップタイプビデオカメラ」はXactiではなく、「新カテゴリー製品」として紹介されている。ちなみにこの「HX」シリーズ、8月22日まで、購入者を対象にバッテリーと充電器を抽選でプレゼントするキャンペーンが行われている。

photo 「HX-WA10」 カラーはサンターンブラック、サンシャインオレンジ、オーシャンブルー
photo 防水性能を備えた「HX-WA10」の紹介ページ。Xactiという文字はない

 Xactiシリーズは記録方式にAVCHDではなくMP4を採用するなど、いわゆる家庭用ビデオカメラというより、デジタルカメラの動画機能を特化させたという性格を強く持つ製品だが、「片手でほぼ操作が可能なビデオカメラ」(防水は一部モデルのみ)なオンリーワン製品として一部では人気を博していたりする(→勝手に連載!「海で使うIT」:秋の巡航を“自慢”するなら、フルハイビジョンの「Xacti DMX-CA100」がいいみたい)。

 ブランドはいうまでもなく企業の大切な財産。LUMIXシリーズへの統合という案があったのか、はたまたパナソニック的な要素がさらに多く投入された次モデルからXactiブランドを使うのか、ビデオカメラだからブランド名はなしとした(パナソニックのビデオカメラにはLUMIXのようなブランドネームはない)のかなど、想像はいろいろできる。

 ただ、HX-WA10が「ガングリップ形状の防水ビデオカメラ」なのにXactiブランドではないのは、非常にもったいないと感じてしまう。2003年から続くブランドなのだから、継承してよかったのではないかとも思う。夏の暑さに水辺が恋しくなるとそんなことを考えるのです。

関連キーワード

デジタルビデオカメラ | Xacti | 防水 | AVCHD


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.