ニュース
» 2011年08月24日 14時00分 UPDATE

ソニー、全域F2.8の大口径ズームレンズ「DT16-50mm F2.8 SSM」

全域F2.8の大口径ズームレンズ「DT16-50mm F2.8 SSM」(SAL1650)をソニーが11月中旬より販売開始する。

[ITmedia]

 ソニーは8月24日、Aマウントの交換レンズ「DT16-50mm F2.8 SSM」(SAL1650)を11月中旬より販売開始すると発表した。価格は8万7150円。

 同日発表された「α77」のキットレンズにもなっている、全域F2.8の大口径ズームレンズ。非球面レンズ2枚とEDガラス3枚を含むレンズ構成で収差を補正するほか、SSM(超音波モーター)の搭載によって静かなAF動作を期待できる。各所には防じん防滴性を高めるシーリングも施されている。

photophoto 「DT16-50mm F2.8 SSM」を装着したα77

 最短撮影距離は0.3メートルで、最大撮影倍率は0.2倍。フィルター径は72ミリ径で、サイズは約81(最大径)×88(長さ)ミリ、577グラム。

関連キーワード

レンズ | α | ソニー | Aマウント | 交換レンズ


news007.jpg

→ソニーストアで「DT16-50mm F2.8 SSM」(SAL1650)をチェックするicon
レンズ内蔵のSSM(超音波モーター)の採用により、迅速で静粛性の高いAFを実現。APS-Cフォーマットのデジタル一眼カメラ専用標準ズームレンズ。価格は6万9720円(税込/予定)


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう