ニュース
» 2011年08月24日 17時01分 UPDATE

超高倍率「世界最小」 36倍ズームの「OLYMPUS SP-810UZ」

オリンパスより35ミリ換算24からの光学36倍ズーム搭載デジカメ「OLYMPUS SP-810UZ」が発売。30倍以上のズームレンズを搭載した製品としては「世界最小」(同社)となる。

[ITmedia]

 オリンパスイメージングは8月24日、コンパクトデジタルカメラ「OLYMPUS SP-810UZ」を9月上旬より販売開始すると発表した。価格はオープンで、直販サイトでの販売価格は3万9800円。

 35ミリ換算24〜864ミリ相当をカバーする光学36倍ズームレンズを搭載したモデル。ボディサイズは105.9(幅)×75.9(高さ)×73(奥行き)ミリ、413グラム(バッテリー、メモリーカード含む)と超高倍率ズームレンズ搭載機としてはコンパクトで、30倍以上のズームレンズを搭載したデジタルカメラとしては「世界最小」(同社)となる。

photophoto 「OLYMPUS SP-810UZ」

 撮像素子は1/2.3型 有効1400万画素CCDで、手ブレ補正はCCDシフト式と高感度撮影を併用した「DUAL IS」を搭載。デジタルズームを併用すれば144倍相当までの望遠撮影も行える。

 撮影機能としては、全10種類のマジックフィルターや3Dテレビで楽しめる3D静止画撮影、自動で犬猫の顔を検出してピントを合わせるペットモード、撮影後に肌色を美しく補正する「ビューティーメイク」機能などを用意する。最大1280×720ピクセルのハイビジョン動画も撮影可能で、一部のアートフィルターは動画撮影時にも適用できる。

 記録メディアはSDメモリーカード(SDHC/SDXC、Eye-Fi対応)で、背面液晶は3型(約23万画素)。別売オプションとしてソフトケース「CSCH-63」、液晶ふき付きハンドストラップ「CHS-08」などが用意される。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう