レビュー
» 2011年08月29日 14時15分 UPDATE

動画で見る、「NEX-7」の新UI「トライダイヤルナビ」

ソニーが先日発表したデジタルカメラ「NEX-7」に搭載されたユーザーインタフェース「トライダイヤルナビ」について、写真と動画で解説する。

[ITmedia]

 ソニーが先日発表したデジタルカメラ「NEX-7」はNEXの名称から想像できるよう、既存モデル「NEX-C3」「NEX-5」と共通するボディのコンパクトさを保ちながら、有効2430万画素“Exmor”APS HD CMOSセンサー(センサーサイズは23.5×15.6ミリ)やXGA解像度の有機ELファインダーなどを搭載した高級機だ。

photophoto 「NEX-7」。デザインはNEX-5を踏襲しながらよりクラシカルなイメージを強めた、重厚感のある“カメラらしい”スタイルとなった

 そのNEX-7が備えるユーザーインタフェース「トライダイヤルナビ」は、上部に設けらている2つの電子ダイヤル、背面のコントロールホイールという3つのダイヤルを利用して、3つのパラメータを同時に調整できる。この3つのダイヤルはカメラを構えた状態から右手親指ですべてを操作可能な位置に配置されており、素早い操作が可能だ。

photophoto

 シャッターボタンの隣に設けられた「ナビゲーションボタン」を押す度に、「露出設定セット」「フォーカスセット」「ホワイトバランスセット」「Dレンジセット」「クリエイティブスタイルセット」と設定対象の項目が切り替わり、「露出設定セット」ならば絞り値/露出補正/ISO感度の3つが、2つの電子ダイヤルとコントロールホイールからダイレクトに設定できる。

 「フォーカスセット」ではフォーカスエリアモード/エリア選択、「ホワイトバランスセット」ではホワイトバランスモード/色温度調整/カラーフィルター、「Dレンジセット」では露出差/露出補正/HDR・DROモード切り替え、「クリエイティブスタイルセット」では画像スタイル/コントラスト・彩度・シャープネス値変更/コントラスト・彩度・シャープネス切り替えが、それぞれ2つの電子ダイヤルとコントロールホイールに割り振られている。

photophotophoto
photophotophoto 左上から「露出設定セット」「フォーカスセット」「ホワイトバランスセット」「Dレンジセット」「クリエイティブスタイルセット」「ピクチャーエフェクト」

 各セットの順番(標準状態では露出補正セット→フォーカスセット→ホワイトバランスセット→Dレンジセット→クリエイティブスタイルセットの順番)を入れ替えるほか、切り替え対象とするセットの数も変更可能で、カスタマイズを施すことでより直感的な操作を行えるようになっている。また、デジタルフィルターの「ピクチャーエフェクト」についても、上部電子ダイヤルからエフェクト選択、オプション選択を行える。

 ボディの小型化と操作性はどうしても相反する要件となる。その問題を解決するため、NEX-C3では新インタフェース「マイフォトスタイル」、NEX-5Nではタッチパネル液晶の搭載が行われた。そしてNEX-7では「トライダイヤルナビ」がその解決策として提示された。ボタンとダイヤルでの操作となるため、タッチパネルに比べると初見では操作のしにくさも感じたが、少し慣れればかえって素早い操作が可能となる。中級クラスのデジタル一眼になれた人には歓迎されそうだ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.