ニュース
» 2011年09月02日 10時00分 UPDATE

パナソニック、二眼式3Dデジタルカメラを「LUMIX」ブランドで2011年冬に投入

パナソニックは二眼式の3Dデジタルカメラを2011年冬にコンパクトデジカメ「LUMIX」の新製品として商品化すると発表した。

[ITmedia]

 パナソニックは二眼式の3Dデジタルカメラを2011年冬にコンパクトデジカメ「LUMIX」の新製品として商品化すると発表した。

 屈曲式4倍ズームレンズを2つ搭載し、3Dの写真とハイビジョン動画を撮影できる。光学式の手ブレ補正機能も搭載し、2D/3Dいずれにおいてもブレの少ない撮影を可能にした。3D動画はAVCHD/サイドバイサイドにて記録され、この撮影した3Dの写真と動画は、SDメモリーカード経由あるいはHDMI接続によって、対応する3Dテレビで楽しめるという。

 同社ではマイクロフォーサーズ規格準拠の3D交換レンズ「LUMIX G 12.5mm/F12」(H-FT012)を昨年9月より販売している。こちらは交換レンズの本体内に2つの光学系を搭載しており、カメラ装着時に3D写真を撮影できる。

 本製品は9月2日(現地)からドイツで開催される家電に関する総合展示会「IFA2011」にて展示される。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう