ニュース
» 2011年09月05日 12時20分 UPDATE

デジタルカメラ総合販売ランキング(8月22日〜28日):前モデル人気は続くか 「DMC-GF2」が人気に (1/2)

モデルチェンジ時期に価格の下がった前モデルが人気を博すことは珍しいことではないが、価格だけに目を奪われないようにしたいところ。

[ITmedia]

 GfK Japan調べによる、デジタルカメラ販売ランキングをまとめた。

 デジタル一眼のランキングでは、先週に首位だったパナソニック「DMC-GF3」(レビュー)が4位に後退、かわってDMC-GF3の前モデルである「DMC-GF2」(レビュー)がランク外から首位にたった。モデルチェンジ時期に価格の下がった前モデルが人気を博すことは珍しいことではないが、それにしても急激な変動である。

 Amazon.co.jpにて価格を調べてみると、パンケーキと標準ズームレンズのセットで約4万円、パンケーキレンズキットのレッドは3万円前半の値付けがされている(9月5日午前時点)。GF2からGF3への進化点としてはボディの小型化や利用者の好みを反映できるオート撮影モード「iA+」の新設、高感度撮影時の画質向上などを挙げられるが、撮像素子はいずれも1210万画素 LiveMOSセンサーで、フルハイビジョン動画撮影機能も搭載している。いずれにしても機能的な差はあまり多くない。

photo 「LUMIX G VARIO 14-42mm/F3.5-5.6 ASPH./MEGA O.I.S.」を装着したDMC-GF2
photo 「LUMIX G 14mm / F2.5 ASPH」との組み合わせ

 「とにかく小さく・軽く」というならばDMC-GF3を選択することになるが、サイズを許容できるならばDMC-GF2も有力な選択肢になる。ただ、こちらのレビューにてレビュワーの荻窪氏が述べているよう、同じGFシリーズの2製品ながらその位置づけは微妙に異なっている。

 GF2は操作性や拡張性といった部分を残した小型ミラーレス機という位置づけだったが、GF3は「コンパクトで気軽に使えて、なおかつレンズ交換ができるコンデジで、コンデジよりはるかに高画質で撮れる楽しいカメラだと理解した方がいい」(レビューより一部抜粋)製品であり、ある種の割り切りがないと不満を覚えることになるかもしれない。

 こうした判断が必要になること自体、ミラーレスカメラの製品種類が増え、選ぶ楽しみが増したということでもある。今秋はDMC-GF3以外も、ソニー「NEX-5N」、オリンパス「E-PL3」「E-PM1」、ペンタックス「PENTAX Q」と小型ミラーレス新製品がめじろ押しだけに、価格だけではなく、製品のキャラクターまでも考慮した製品選びをしたいところだ。

デジタル一眼販売ランキングTOP10

2011年8月22日〜28日
順位前回順位メーカー製品名
1位13パナソニックDMC-GF2 ダブルレンズキット
2位4ニコンD3100 200mmダブルズームキット
3位2キヤノンEOS KISS X5 ダブルズームキット
4位1パナソニックDMC-GF3 ダブルレンズキット
5位8ソニーNEX-5D
6位3ソニーNEX-C3D
7位5キヤノンEOS KISS X4 ダブルズームキット
8位6オリンパスE-PL2 ダブルズームキット
9位9ニコンD5100 ダブルズームキット
10位7ニコンD3100 レンズキット

この記事は、マーケティング会社GfK Japan調べによる全国の家電量販店のPOSデータを集計し、モデル別のランキングで紹介しています。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう