ニュース
» 2011年09月09日 08時30分 UPDATE

デジカメ画像を死蔵させない管理と保存:「あの写真」を捜す苦痛から解放されるための方法 (1/2)

デジタルカメラの時代になって、カメラユーザーの撮影枚数は増え続けている。カードが一杯になればPCへ移せばいいのだが、そこで問題となるのが管理の方法。その方法を考える。

[ITmedia]

 デジタルカメラの時代になって、カメラユーザーの撮影枚数は増え続けている。フィルムも現像もいらないデジカメは、メモリカードの容量増加も伴って数百枚の画像を一度に撮影できるし、それをPCに取り込めば、フィルムのようにカードを買い足さなくてもいいし、「撮影してPCに保存する」だけなら現像代も不要なので、ついつい撮影枚数は増えてしまう。

 そこで問題になってくるのが、PC内にたまりにたまった画像の処理だ。単に撮影した画像をPCに保存するだけでなく、いかに大量の画像を管理するか、ここではその方法を検討してみたい。

OS標準でも工夫次第で便利に管理

 デジカメの画像をPCに取り込むもっとも単純な方法は、カードやカメラをPCと接続し、WindowsならExplorer、MacならFinderを使って、コピー&ペーストやドラッグ&ドロップなどでメモリカードからHDDの任意のフォルダにコピーすることだ。

 この方法の場合、画像を保存するフォルダ名は自由に設定できるし、どのフォルダにどのように保存するかは、そのつど決められる。個人的には、日付・イベント名や撮影場所などのキーワードをもとにフォルダを作成しておくと、のちのちの検索性が良くなるのでおすすめしたい。

photophoto Windows 7では、メモリカードやカメラを接続したら表示される画面から、任意のソフトで画像を取り込むこともできるし、フォルダを開いて画像の転送ができる(写真=右)、Windowsのインポートダイアログ。あらかじめ設定しておけば、次回からは1クリックで取り込みが行える(写真=右)

 フォルダ名につける日付は「20110101」といったようにソートや検索しやすいよう規則性のある付け方をするといい。「2011\01\01 食事会」という形で、「年」「月」「日付+イベント名」といったようなフォルダ分けの仕方もあるだろう。この辺りはそれぞれの使い方次第で適した方法を見つけるといい。

 このやり方は、すべて手動であることが問題だ。1回ごとに手間がかかるので、面倒になる人もいるかもしれない。例えばWindows 7では「画像とビデオのインポート」機能が搭載されており、画像の撮影日ごとにフォルダ分けして保存してくれるほか、ファイル名を自動で変更してくれるので、「イベント名+連番」といったファイル名を簡単に設定できる。

 取り込まれた画像は、WindowsのExplorerのサムネイル表示やMac FinderのCover Flowなどでそのまま画像を管理することは可能だ。OS標準の機能でもデジカメ画像の管理は十分できる。ポイントはフォルダ分けで、分かりやすく、分類しやすいフォルダづくりを心がければ、管理性はかなり高くなる。

photo Windows 7のExplorerのサムネイル表示。サムネイルサイズは変更可能で、これだけでも十分視認性は高い

 最近のWindowsやMacでは、ファイルやフォルダの検索機能が強化されており、フォルダ名から検索もすぐ行えるし、ファイルのプロパティからも検索ができるので、例えば画像のEXIF情報のうち、カメラの機種名で画像を検索する、といったことは可能だ。

photo Explorerから、ファイルに埋め込まれたテキストを使って画像を検索できる
photophoto ファイルに埋め込めるプロパティ。タイトルや件名、星による評価などが設定できる(写真=左)、EXIF情報も検索キーワードとして利用できる(写真=右)

 同じ日、同じ場所で撮影した画像であれば、日付で作成したフォルダに保存し、フォルダ内の画像をすべて選択したうえで右クリックの「プロパティ」から「タイトル」「件名」「評価」「タグ」「コメント」のいずれかを追加しておけば、さらに検索性が向上する。

 Macの場合、特にFinder側にこうした機能はないが、iPhotoを使うことで、画像の閲覧、管理、検索、編集が一手に行える。一般的な用途であれば、iPhotoで十分まかなえるだろう。Windows 7の場合は標準搭載ではないが、マイクロソフトの「Windows Liveフォトギャラリー」があり、これを利用することで、画像の閲覧、管理、検索、編集がさらに便利になる。

photophoto iPhoto。イベントごとに分類して表示したり、フォルダを関係なく、画像をすべて一覧表示も可能。画像の中の顔を自動で検出して人物で検索したり、地図をベースに撮影場所から検索したりもできる
photophoto Windows Liveフォトギャラリー。フォルダでの分類、画像の一覧表示、顔検出による検索、撮影場所からの検索といった機能も搭載する
       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.