ニュース
» 2011年09月16日 14時09分 UPDATE

新エンジン「DiGiC 5」搭載 光学35倍ズームの「PowerShot SX40IS」

キヤノンから35ミリ換算24ミリからの光学35倍ズームレンズを搭載したズームデジカメ「PowerShot SX40IS」が登場。画像処理エンジンが「DiGiC 5」へと進化し、より美しく、快適な撮影を行える。

[ITmedia]

 キヤノンは9月16日、高倍率ズームレンズを搭載した「PowerShot SX」シリーズの新製品として「PowerShot SX40IS」を9月23日より販売開始すると発表した。価格はオープンで実売想定価格は6万円前後。

photo 「PowerShot SX40IS」

 昨年9月に発表された「PowerShot SX30IS」の後継モデルで、35ミリ換算24〜840ミリ相当の光学35倍ズームレンズはそのままに、画像処理エンジンが「DiGiC 5」へと進化した。DiGiC 5ではノイズリダクション、ホワイトバランス制御、連写処理能力において大きな進化が果たされており、ノイズリダクションについてはノイズかディテールかの判断の正確さが向上したほか、ISO1600時に従来機ISO400相当という低ノイズも実現した。

 ホワイトバランス制御については、フレーム内に複数種類の光源がある場合でも、エリアごとにホワイトバランスを調整できる「マルチエリアホワイトバランス」が実装されており、電球とストロボ、蛍光灯と水銀灯などが混ざった環境下でも、より見たままの近い色合いで撮影することができる。連写については、撮影モードにフル画素で10.3コマ/秒の連写が可能な「ハイスピード連写HQ」を新たに用意した。

 高倍率レンズ搭載機に欠かせない手ブレ補正機能は、「静止画」「流し撮り」「ダイナミック」「ハイブリッド」「パワード」「三脚」と6つのブレ補正をカメラが判断して自動的に切り替える「マルチシーンIS」が採用された。「ハイブリッド」はカメラがカメラ自体の傾きや被写体との平行移動を検知し、角度ブレやシフトブレも補正する。静止画撮影時には「静止画」「ハイブリッド」「流し撮り」、動画撮影時には「ダイナミック」「ハイブリッド」「パワード」「三脚」の各モードから最適な手ブレ補正が自動的に選択される。

photo 背面液晶は2.7型/23万画素のバリアングル液晶

 撮像素子は1/2.3型 有効1210万画素 裏面照射型CMOSセンサーで、高速処理可能なセンサーと処理エンジンを組み合わせたノイズ低減/ダイナミックレンジ拡大システム「HD SYSTEM」も搭載される。本製品ではDiGiCが5へと進化したことから、既存製品よりHS SYSTEMも高い効果を発揮する。動画撮影は最大1920×1080ピクセル(24fps)のフルハイビジョン記録を行える。映像コーデックはMPEG-4 AVC/H.264だ。

 背面液晶は2.7型/23万画素のバリアングル液晶で、ロー/ハイアングルでの撮影も容易だ。0.2型のEVFも備える。本体サイズは122.9(幅)×92.4(高さ)×107.7(奥行き)ミリ、約600グラム(バッテリー、メモリーカード含む)。

関連キーワード

連写 | PowerShot | DIGIC | 裏面照射型CMOS | 手ブレ補正


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.