ニュース
» 2011年10月04日 10時10分 UPDATE

デジタルカメラ総合販売ランキング(9月19日〜25日):「D7000」再浮上 値ごろ感&秋行事撮影が要因か (1/2)

秋も深まりをみせるなか、ニコン「D7000」や「D5100 ダブルズームキット」が人気を博している。D7000については、値ごろ感&秋行事撮影が人気の要因か。

[ITmedia]

 GfK Japan調べによる、デジタルカメラ販売ランキングをまとめた。

 シルバーウィーク期間内の集計となった今回のランキングでは、デジタル一眼ランキングの1位2位は先週より変化は見られなかったが、ニコン「D7000」(ボディ)がランク外から再登場したほか、同じくニコンの「D5100 ダブルズームキット」が6位から3位に順位を上げるなど、ニコン製品の人気が高い様子が見られる。

 現在、ニコンのデジタル一眼レフは「D3100」「D5000」「D7000」「D300s」「D700」「D3s」「D3x」と6機種が用意されており、昨年10月に販売開始されたD7000は視野率100%のファインダーや9点クロス/39点AF、最高秒間6コマの連写性能など、上位機のD300sに匹敵するスペックを備えたミドルクラスに位置づけられる。

photophoto ニコン「D7000」(写真のレンズは「AF-S DX NIKKOR 18-105mm f/3.5-5.6G ED VR」)

 最近ではミラーレスタイプの性能向上も著しいが、被写体の動きが激しい運動会やホールなど暗い場所での撮影が多くなる文化祭など、秋の行事を撮影するならば一眼レフタイプに一日の長があることは否めない。

 D7000は画期的な新機能といえる要素こそ持ち合わせていないが、昨年10月末の販売開始と時間が経過しているためか、ボディのみならば7万円代後半とミドルクラスの現行製品としては安価に販売されており、対応レンズを所有しているならば値ごろ感が強い(ちなみに同クラスのライバルであるキヤノン「EOS 7D」のボディのみ価格は9万円代後半)。この値ごろ感&秋行事撮影という需要が再ランクインの要因といえそうだ。

デジタル一眼販売ランキングTOP10

2011年9月19日〜25日
順位前回順位メーカー製品名
1位1キヤノンEOS KISS X5 ダブルズームキット
2位2ニコンD3100 200mmダブルズームキット
3位6ニコンD5100 ダブルズームキット
4位3パナソニックDMC-GF2 ダブルレンズキット
5位9ソニーNEX-5D
6位4キヤノンEOS KISS X4 ダブルズームキット
7位5ソニーNEX-C3D
8位8パナソニックDMC-GF3 ダブルレンズキット
9位10オリンパスE-PL2 ダブルズームキット
10位14ニコンD7000

この記事は、マーケティング会社GfK Japan調べによる全国の家電量販店のPOSデータを集計し、モデル別のランキングで紹介しています。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう