ニュース
» 2011年10月04日 16時55分 UPDATE

シグマ、小型化した高倍率ズームレンズ「SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 II DC OS HSM」

シグマは高倍率ズームレンズ「SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 II DC OS HSM」を発売する。既存製品から小型化を進め、全長87.7ミリというコンパクトサイズを実現した。

[ITmedia]

 シグマは10月4日、11.1倍の高倍率ズームレンズ「SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 II DC OS HSM」を10月14日より販売開始する。価格は8万4000円。当初はキヤノン用が販売され、シグマ/ニコン/ソニー/ペンタックス用も順次投入される予定。

photo 「SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 II DC OS HSM」

 既存製品「SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC OS/ HSM」の後継となるモデルで、全長87.7ミリという小型化を実現した(最大径は75.3ミリ、重さは490グラム)。

 レンズ構成はFLDガラスとSLDガラスを含む14群18枚で、スーパーマルチレイヤーコートの採用によってフレアやゴーストの発生も抑制する。シャッタースピード約4段分の補正効果を持つ手ブレ補正機構も搭載する。

 フォーカス時に前玉が回転しないインナーフォーカス方式の採用で、花形フードの使用も可能だ。最大倍率は1:3.8、最短撮影距離は45センチ。

関連キーワード

レンズ | SIGMA | 手ブレ補正


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう