ニュース
» 2011年10月17日 19時11分 UPDATE

手持ちのビデオカメラがUstカメラに、認定配信アダプターがCEREVOから

CerevoがUst認定のライブ配信アダプター「Live Shell」を発売する。ビデオカメラにHDMI接続するだけで、手持ちのカメラがUst配信カメラに早変わりする。

[ITmedia]

 Cerevoは10月17日、Ustream認定のライブ配信アダプター「Live Shell」の予約を本日より開始すると発表した。年内出荷の予定で、同社直販価格は2万6800円。

photophoto 「Live Shell」(写真=左)、ビデオカメラと組み合わせての利用例。本体下部には三脚穴が設けられているので、三脚に固定するほか付属のホットシュー取り付け金具を使えばビデオカメラへ取り付けることもできる(写真=右)
photophoto 設定と操作には専用Webサイトを利用する

 Live Shellは、本製品とビデオカメラを接続することで、手持ちのビデオカメラをUst配信カメラとして使用できるアダプター。同社はこれまでにも「CEREVO CAM live!」などUstream配信可能製品を投入していたが、本製品ではカメラ部と配信部を切り離すことでより汎用性の高い製品となっている。なお、新製品はUstream社が対応機器を認定する「USTREAM COMPATIBLE」プログラムに準拠しており、安心して利用できる。

 映像入力はHDMIのほかコンポジット(NTSC/PAL)に対応しており、音声入力はHDMI/ステレオマイクイン/ラインインに対応する。ネットワークは有線(10/100Base-T)ならびに無線(802.11 b/g/n)が利用でき、最大704×528ピクセル(1.5Mbps)の映像を配信できる。ACアダプターのほか単三乾電池3本でも駆動し、乾電池でも最大3時間(eneloop PRO使用時)の利用が可能だ。

photo CEREVO 代表取締役社長の岩佐琢磨氏(左)とUstream Asia 代表取締役社長の中川具隆氏

 設定およびライブ配信の操作には専用Webサイト経由で行う。基本的にWebサイト経由でしか設定操作が行えないので、使用時にはスマートフォンやタブレット、パソコンなどなんらかのインターネット接続されたデバイスが必要となるが、手軽にリモート操作が可能であるなどのメリットもある。

 Ustream Asia サービスオペレーション部 部長の山本准氏は「Ustreamは9月末で78万のアカウントが発行されており、現在も増加し続けている。アカウントの増加は視聴可能人数の増加と同時に、配信可能人数の増加も意味する。そうした配信需要に対応することのできるプロダクトだ」とLive Shellの登場で、新たな配信需要を掘り起こせるのではないかとの期待を寄せる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう