ニュース
» 2011年10月31日 18時49分 UPDATE

「iPhoneは日常、デジカメはイベントで」 ニコン調べ

「iPhoneは日常的に、デジカメはイベントで使うもの」――ニコンイメージングジャパンが行った調査によってこうした使い分けの傾向が浮き彫りにされた。

[ITmedia]

 「iPhoneは日常的に、デジカメはイベントで使うもの」――ニコンイメージングジャパンが行った「コンパクトデジタルカメラとiPhoneのカメラ機能の写真に関する実態調査」によってこうした使い分けの傾向が浮き彫りにされた。

 調査対象は、「iPhoneを所有しており、iPhoneで月1回以上写真を撮る」「コンパクトデジタルカメラを所有しており、こちらでも月1回以上写真を撮る」条件を満たす20〜39歳の男女500名。調査期間は2011年9月30日から10月3日。

 「デジタルカメラ」の利用シーンとして最も多く挙げられたのは「旅行」(90%)で、以下に「日常生活」(66%)、「結婚式」(64%)、「海外旅行」(64%)、「夜景」(62%)と続く。一方で「iPhone」の利用シーンとして最も多く挙げられたのは「日常生活」(92%)で、以下には「飲み会」(58%)、「国内旅行」(56%)と続く。

 撮影した写真の共有方法については、デジタルカメラで撮影した写真については「一緒に見る」(74%)、「印刷する」(58%)、「データを渡す・送る」(53%)が支持を集め、iPhoneで撮影した写真についても「一緒に見る」(73%)は変わらないものの、「データを渡す・送る」(61%)、「Web(SNSやブログなど)に公開する」(47%)の支持率が高く、印刷するという回答は15%に留まった。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう