ニュース
» 2011年11月01日 17時54分 UPDATE

Blu-ray 3Dも表示:富士フイルム、HDMI入力を備えた3D対応デジタルフォトフレーム「FinePix REAL 3D V3」

富士フイルムは、3D対応のデジタルフォトフレーム「FinePix REAL 3D V3」を11月12日に発売する。HDMI接続により、Blu-ray 3Dなどの3Dコンテンツも再生可能だ。

[ITmedia]
ts_fujifilm01.jpg 「FinePix REAL 3D V3」

 富士フイルムは11月1日、3D対応のデジタルフォトフレーム「FinePix REAL 3D V3」を発表した。同社の3Dデジタルカメラ「FinePix REAL 3D W3」で撮影した3D画像の再生に加え、HDMI接続でBlu-ray 3Dなどの映像も再生できる。11月12日に発売予定で、価格はオープン。店頭では5万円前後になる見込みだ。

 裸眼立体視対応のデジタルフォトフレーム第2弾。従来機「FinePix REAL 3D V1」が視差バリア方式(パララックスバリア方式)だったのに対し、今回はレンチキュラーレンズ方式を採用することで画面の明るさを約1.4倍に向上させた。輝度は約340カンデラとなっている。

 画面サイズは7.2型と従来機の8型より少し小さくなったものの、新たにHDMI入力端子やステレオスピーカーを内蔵。3D対応のBlu-ray Discプレーヤーなどと接続すれば、Blu-ray 3Dやサイド・バイ・サイドの動画や静止画も楽しめる。ただし、画面解像度は800×600ピクセルで、フレームレートは最大30fpsとなっている。

 2D表示への切り替えも可能で、側面のSD/SDHCカードスロットを使ってデジカメで撮影した画像や動画を再生できる。JPEGなら最大1万×1万ピクセル、動画は720p(最大1280×720ピクセル、30fps)のファイルをサポート。静止画のスライドショー再生時には、2D/3Dそれぞれ12種類のエフェクトが利用できる。そのほか、カレンダーや時計の表示機能、タイマーも備えた。

 フレームの角度は8段階で調整可能で、背面に市販の三脚を差し込めば、高さや角度を自由に調整できるようになる。本体サイズは、188.8(幅)×153.5(高さ)×28.2(奥行き)ミリ。重量は約415グラム。専用リモコン、ACアダプター、USBケーブルなどが付属する。


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.