ニュース
» 2011年11月01日 18時22分 UPDATE

富士フイルム、3DBDプレーヤーとも接続できる3Dフォトフレーム

富士フイルムは裸眼立体視表示可能なデジタルフォトフレーム「FinePix REAL 3D V3」を発売する。同社3Dデジカメで撮影した3D映像を表示するほか、3D対応BDプレーヤーの映像も楽しめる。

[ITmedia]

 富士フイルムは11月1日、裸眼立体視表示可能なデジタルフォトフレーム「FinePix REAL 3D V3」を11月12日より販売開始すると発表した。価格はオープン。

photophoto デジタルフォトフレーム「FinePix REAL 3D V3」

 3D撮影可能なデジカメ「FinePix REAL 3D W1」と同時発表されたデジタルフォトフレーム「FinePix REAL 3D V1」に続く、3D対応デジタルフォトフレームの第2弾。V1はシャッターで左右両眼に入る光を制御する方式を採用していたが、新製品では表面にカマボコ状のレンズを写真の上にはり付け、のぞき込む角度によって左右の目に入る映像が異なるようにすることで、立体感を得るレンチキュラーシート方式を採用、明るさを既存比1.4倍に向上させたほか、バックライトもLEDとすることで省電力化も進めた。

 FinePix REAL 3D W1/3で撮影した3D写真の標示だけではなく、3D対応ビデオカメラや携帯電話、デジタルカメラで撮影した3D映像の表示も可能となった(.MPO形式の3D静止画と3D-AVI形式の720P動画に対応)。また、3D対応のHDMIも用意されており3D対応BDプレーヤーなどのディスプレイとしても利用できる。

 画面サイズは7.2型で解像度は800×600ピクセル(3D表示時は800×600×2)。インタフェースはSDカードスロット(SDHC対応)、HDMI、miniUSB、USB(Aタイプ)など。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.