ニュース
» 2011年11月04日 14時57分 UPDATE

キヤノン、ハリウッド参入 映像制作向け新システムを立ち上げ

キヤノンは映画やコマーシャルといった用途に最適なレンズやカメラで構成される新システム「CINEMA EOS SYSTEM」を立ち上げた。

[ITmedia]

 キヤノンは11月4日、映画やコマーシャルといった用途に向けたプロ向け映像製作用レンズやカメラで構成される新システム「CINEMA EOS SYSTEM」を立ち上げ、2012年1月下旬より製品を投入してゆくと発表した。

photo

 新たなシステムは現行のEFマウントレンズに加え、映像制作に適した新レンズシリーズ「EFシネマレンズ」、レンズ交換式ビデオカメラ、デジタル一眼レフカメラで構成される。第一弾としてEFシネマレンズ7本とレンズ交換式ビデオカメラ「EOS C300」「EOS C300 PL」を2012年1月下旬より順次販売するほか、35ミリフルサイズセンサーを搭載し、4K映像記録が行えるデジタル一眼レフも開発中であることが明かされた。

photophoto レンズ交換式ビデオカメラ「EOS C300」

 「ELシネマレンズ」として投入されるレンズは以下の通り。いずれも4K(4096×2160ピクセル)に対応した光学性能を備えるほか、フルマニュアル操作に欠かせないギア付きリング、大きくとられたズームやフォーカスの回転角など、映画をはじめとした映像制作に欠かせない操作形態にも対応する。

製品名 対応マウント 価格
CN-E14.5-60mm T2.6 L S EFマウント 409万5000円
CN-E14.5-60mm T2.6 L SP PLマウント 409万5000円
CN-E30-300mm T2.95-3.7 L S EFマウント 430万5000円
CN-E30-300mm T2.95-3.7 L SP PLマウント 430万5000円
CN-E24mm T1.5 L F EFマウント 61万9500円
CN-E50mm T1.3 L F EFマウント 61万9500円
CN-E85mm T1.3 L F EFマウント 61万9500円

 EOS C300/C300 PLはスーパー35ミリ相当の有効約829万画素の単板CMOSセンサー(24.6×13.8ミリ)を搭載しており、EOS C300はEFマウント、C300 PLはPLマウントのレンズを装着できる。映像サイズは最大1920×1080ピクセルで、映像の圧縮方式は4:2:2サンプリングのMPEG-2 HD422(MPEG-2 422P@HL準拠)、ビットレートは最大50Mbps。ファイルフォーマットにはMXFを採用する。記録メディアはコンパクトフラッシュ。EOS C300/C300 PLの価格はオープンで、実売想定価格はいずれも150万円前後。

 同社は放送用レンズや業務用ビデオカメラなど報道系に向けた製品を既に投入しているものの、新製品の狙う映画やコマーシャルといった領域については新規参入となる。

photophoto 「CINEMA EOS SYSYTE」のポジショニング
photo 新システムの発表はハリウッドでも行われた。写真はハリウッドで新システムを紹介する御手洗会長兼CEO

 キヤノンマーケティングジャパン代表取締役社長の川崎正己氏は「コマーシャル撮影の8割が既にデジタル化しており、新システムはまずこちらを狙う」と、一層の低コスト化が求められているコマーシャル撮影の現場をまずターゲットとし、次いでデジタル化の進む映画業界へも納入を狙うことで、2015年には新システムを含むBtoB映像事業の売り上げを現在の約4倍、100億円規模まで高めたい考えを示した。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう