ニュース
» 2011年11月08日 14時04分 UPDATE

Facebookの写真を表示 デジタルフォトフレーム“S-Frame”に無線LAN対応製品

ソニーはデジタルフォトフレーム“S-Frame”の新製品としてネットワーク機能を備えた「DPF‐WA700」「DPF-W700」を発表した。いずれも無線LANを搭載し、LAN内PCやFacebookの写真を閲覧できる。

[ITmedia]

 ソニーは11月8日、デジタルフォトフレーム“S-Frame”の新製品としてネットワーク機能を備えた「DPF‐WA700」「DPF-W700」を発表した。前者は11月25日、後者は2012年1月27日より販売開始される。価格はいずれもオープンで、実売想定価格は動画再生に対応したDPF-WA700が2万円前後、スタンダードタイプのDPF-W700が1万5000円前後。

photophoto 「DPF‐WA700」(写真=左)、「DPF-W700」(写真=右) カラーは両製品ともにホワイトとブラックを用意する

 いずれもIEEE 802.11b/g/nの無線LANを搭載しており、携帯電話やスマートフォンから送られた写真を表示できるほか、LAN内のPCに保存された画像も表示できる。LAN内PCからの再生については、Windows Media Player 11/12で共有化された画像のストリーミング再生となる。

 また、Facebookにも対応しており、自身のフレンドリストにいるすべての友人が公開(アップロード)した写真を自動的に取り込んで表示する機能も搭載する。ソニーの提供する写真動画の共有サービス「Personal Space」にも対応しており、こちらで公開された写真を表示することも可能だ。

 DPF-WA700はMPEG-1(.mpg)/4(.mp4)、AVCHD(.mp4と.mts)、MotionJPEG(.aviと.mov)の動画再生および、MP3(.mp3)/AAC(.m4a)/リニアPCM(.wav)/WMA(.wma)の音楽再生にも対応する。ネットラジオ「radiko.jp」の受信も可能だ。

 液晶は両製品ともにタッチパネル対応の7型で解像度は800×480ピクセル、1Gバイトのメモリを搭載する。メモリカードスロットはメモリースティックデュオ(PRO/PRO-HG対応)×1、SDメモリーカード(SDHC対応)×1、インターフェスとしてそのほかにUSB(A×1、mini-B×1)も用意する。

news055.jpg

→ソニーストアで「DPF-WA700」をチェックするicon
→ソニーストアで「DPF-W700」をチェックするicon
メールの写真を自動受信。パソコン内の写真をワイヤレス再生。タッチパネル操作のWi-Fi対応モデル。DPF-WA700ではフルハイビジョン動画ファイルの再生も。


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.