ニュース
» 2011年11月10日 15時46分 UPDATE

撮影間隔0.27秒、オートでキレイな“快速”カメラ「EX-ZR200」

カシオ計算機が撮影間隔約0.27秒、起動時間約0.98秒。HDR撮影までも自動でカメラが判別するオートでキレイな“快速”カメラ「EX-ZR200」を発売する。

[ITmedia]

 カシオ計算機は11月10日、コンパクトデジタルカメラ“EXILIM”の新製品として、「EX-ZR200」を11月18日より販売開始すると発表した。価格はオープンで、実売想定価格は4万5000円前後。

photophoto 「EX-ZR200」

 新製品は春に発売された「EX-ZR100」(レビュー)の上位に位置づけられるモデルで、有効1610万画素となった撮像素子の高画素化を除くと、35ミリ換算24〜300ミリ相当の光学12.5倍ズームや画像処理エンジン「EXILIM Engine HS」、3型液晶といった仕様に大きな変更はないが、起動/終了および撮影間隔の高速化、進化したオート撮影モード「プレミアムオートプロ」の搭載など、「撮影の快適さ」を追求した。

photophoto カラーはホワイト、ブラック、レッド、ブルーの4色

 撮影の快適さに大きく影響する動作速度については、EXILIM Engine HSのデュアルCPU構成によって撮影間隔約0.27秒、レリーズタイムラグ約0.024秒、オートフォーカス合焦約0.13秒を実現したほか、起動時間も約0.98秒と高速で、撮りたいときに撮りたい瞬間を撮れる快適さを実現した。

photo 背面液晶は3型

 新たに搭載されたオート撮影モード「プレミアムオートプロ」は、ZR100に搭載されている撮影前に被写体の位置や距離、光源の種類、木々はあるかなどを解析し、撮影時に手ブレ補正、シャッタースピード/ISO感度制御などを自動に行い、さらには撮影後のデータへピクセル単位でノイズリダクションや色調補正などを行う「プレミアムオート」を強化したもの。「プロ」ではさらに、連写合成によるダイナミックレンジ拡張(HDR撮影)も状況に応じて自動的に行われるため、逆光や夜間での夜景撮影などでもカメラ任せできれいな写真を撮ることができる。

 プレミアムオートプロはモードダイヤルから選択できるほか、モードダイヤルには高速連写した画像を合成することで画質劣化を抑えながら最大600ミリ相当までの望遠撮影を可能とする「プレミアムズーム」も組み込まれた。そのほか、絞り優先AEやシャッター優先AEなどもモードダイヤルから選択できる。

 そのほかにもZR100にない撮影機能としては、高速連写した画像を合成することで14ミリもしくは18ミリ相当の広角写真を撮影する「ワイドショット」、背景をボカして被写体を引き立てる「背景ぼかし」なども用意する。USB給電、Eye-Fiカードにも対応する。

 絵画のような印象的な写真を撮れる「HDRアート」は動画撮影時にも適用可能で、静止画時には効果を3段階に調整できる。動画撮影については、MPEG-4 AVC/H.264による1920×1080ピクセルのフルハイビジョン動画を撮影可能で、最大1000fpsのハイスピード動画も撮影できる。

 記録メディアはSDメモリーカード(SDHC/SDXC対応)で、背面液晶は3型(約46万画素)。本体サイズは104.8(幅)×59.1(高さ)×28.6(奥行き)ミリ、約205グラム(電池およびメモリーカード含む)。カラーはホワイト、ブラック、レッド、ブルーの4色を用意する。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.