ニュース
» 2011年11月15日 12時38分 UPDATE

ポラロイド「Spectra」がデジタルで復活 「Polaroid Z340」

ポラロイド「Spectra」を連想させる伝統的なボディデザインに、1400万画素センサーを搭載した「Polaroid Z340」が発売される。SX-70っぽい豊富な撮影モードとプリントモードを用意した。

[ITmedia]

 サミット・グローバル・ジャパンは11月15日、プリンタ一体型デジタルカメラ「Polaroid Z340 インスタントデジタルカメラ」を11月17日より販売開始すると発表した。価格はオープンで、実売想定価格は3万2800円。

photo 「Polaroid Z340 インスタントデジタルカメラ」

 ポラロイドのインスタントカメラ「Spectra」を連想させる伝統的なボディデザインに、35ミリ換算42ミリ相当の単焦点レンズと1400万画素CMOSセンサーを搭載したデジタルカメラ機能、それに小型プリンターを内蔵した。デジタルカメラのシーンモードとしては夜景やポートレート、魚眼、LOMOなど30種類を搭載するほか、「SX-70」などを連想させるカラーモードも用意する。

 カラーモードはSX-70タイプフィルムを連想させる柔らかな黄色みがかった「ビンテージカラー1」、peel apartを再現した低コントラストの「ビンテージカラー2」、セピア色の「セピア」、print coaterを再現したモノクロの「ビンテージB&W1」、低コントラストモノクロの「ビンテージB&W2」、白黒反転した「ネガ・B&W」の6種類。撮影時、印刷時いずれにも適用できる(シーンモードは撮影時のみ適用可能)。

photophotophoto

 内蔵するプリンタは、発色層を備えた専用印画紙を利用することで別途インクの必要なく印刷できるZINK Imageの「ZINK Zero Ink」技術を採用しており、1回の充電にて約25枚を印刷できる。用紙サイズは3×4インチ(約7.6×10.2センチ)で、印刷速度は1分以内。単純なプリントはもちろん、“ポラロイドならでは”を感じさせるフレームをつけての印刷も行える。

 本体上部には2.7型液晶を搭載しており、撮影後の写真確認はこちらからでも可能。最大1280×720ピクセルの動画撮影も行える。記録メディアはSDメモリーカード(SDHC対応)。サイズは155(幅)×127.5(奥行き)×65(高さ)ミリ、約620グラム(バッテリー含む)。パッケージには専用印画紙10枚やハンドストラップなどが付属する。

photo インスタントカメラ「Spectra」(左)と「Polaroid Z340 インスタントデジタルカメラ」(右)

Copyright© 2014 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.