ニュース
» 2011年11月21日 20時18分 UPDATE

デジタルカメラ総合販売ランキング(11月7日〜13日):「EOS Kiss X4」「D3100」がロングセラーを続ける (1/2)

キヤノン「EOS Kiss X4」とニコン「D3100」がロングセラーを続けている。その理由はミラーレスの躍進にあるのかもしれない。

[ITmedia]

 GfK Japan調べによる、デジタルカメラ販売ランキングをまとめた。

 デジタル一眼ランキングについては新顔の登場がなく、トップ10の機種は先週とかわらず。順位変動もニコン「D3100 レンズキット」が9位から4位へ上昇したのが目を引く程度と変動の少ない週となった。

 それにしてもキヤノン「EOS Kiss X4」とニコン「D3100」の息の長さには驚かされる。前者は2010年2月、後者は同年9月に販売が開始されており、コンパクトタイプに比べると製品サイクルの長いデジタル一眼の製品であるとはいえ、EOS Kiss X4に至っては登場から1年半以上の時間が経過しても売れ続けている。新製品が相次いで投入されるエントリークラス製品としては、破格のロングヒットといえるだろう。

photophoto キヤノン「EOS Kiss X4」(写真=左)とニコン「D3100」(写真=右)

 モデルチェンジが行われていないからという分析もできるが(それぞれ上位モデルの追加は行われている)、いままでも売れ続けるのは基本性能の高さだろう。いずれも1000万画素オーバーの高画素センサーを積み、フルハイビジョン撮影機能も搭載。キヤノン/ニコンの定評あるレンズ資産も利用できる。ミラーレス製品のような小型ボディではないが、「初めてのデジタル一眼」として十分すぎる性能を備えている。

 ネットの口コミを調査するホットリンクの調べによると、ミラーレスが話題になった2010年には減少していたデジタル一眼レフについての口コミ数が2011年秋以降に増加傾向を示しているという(→口コミ分析シリーズ『ミラーレス市場編(第1回)』ネット上の口コミから、ミラーレス市場の伸びとメーカー別口コミシェアを調査)

 そうならば「話題に上ることの増えたミラーレスの話題を見聞きしてカメラに関心を示したが、調べる内に、購入対象としてはデジタル一眼レフに興味を持つ」という行動が起こったのではという想像もできる。そうした層の受け皿として、EOS Kiss X4とD3100が息の長いセールスを記録しているとい言い方もできそうである。

デジタル一眼販売ランキングTOP10

2011年11月7日〜13日
順位前回順位メーカー製品名
1位1キヤノンEOS KISS X5 ダブルズームキット
2位3キヤノンEOS KISS X4 ダブルズームキット
3位2ニコンD3100 200mmダブルズームキット
4位9ニコンD3100レンズキット
5位5ソニーNEX-5D
6位7ニコンD5100 ダブルズームキット
7位4ソニーNEX-C3D
8位6パナソニックDMC-GF3 ダブルレンズキット
9位8パナソニックDMC-GF2 ダブルレンズキット
10位10オリンパスE-PL2 ダブルズームキット

この記事は、マーケティング会社GfK Japan調べによる全国の家電量販店のPOSデータを集計し、モデル別のランキングで紹介しています。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.