ニュース
» 2011年12月20日 17時47分 UPDATE

サーバにアップした“思い出の写真”を自動整理する「メモリーコレクション」トライアルサービス開始

NTTドコモが12月21日から、サーバにアップロードした写真を、画像認識技術などを用いて自動整理するサービス「メモリーコレクション」のトライアルサービスを先着2000人限定で開始する。期間は2012年5月15日まで。

[園部修,ITmedia]

 NTTドコモが12月21日から、スマートフォンやデジタルカメラで撮影し、サーバにアップロードした写真を、人物やイベント、撮影場所、撮影日などのカテゴリーで自動整理してくれるサービス「メモリーコレクション」のトライアル版を開始する。トライアル期間は2012年5月15日まで(延長の可能性あり)。ユーザーからの意見を集めて商用化の検討をする。

 メモリーコレクションのトライアルサービスでは、保存容量5Gバイトの専用ストレージに、スマートフォンやPCに保存された写真、動画をアップロードすることで、富士フイルムの画像認識(顔認識やイベント検出)技術やEXIF情報などを用いて人物、イベント、撮影場所、撮影日などのカテゴリーに分類された状態で写真を表示できる。大量に撮りためた写真の中から、子供が写っている写真だけをピックアップして表示したりできるのが特徴だ。またユーザーに代わってカテゴリーごとのベストショットを選出したりもできる。閲覧はスマートフォンやPCだけでなく、お便りフォトパネルでも可能。「Twonky Mobile Special」を使えばテレビでも視聴可能だ。

 トライアルに参加できるのは、FOMAやXiで契約したAndroidスマートフォン(Android 2.1〜2.3)かAndroidタブレット(Android 2.2〜2.3)を利用しているユーザーで、専用アプリをダウンロードし、ユーザー登録を済ませた先着2000人。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう