レビュー
» 2011年12月21日 08時30分 UPDATE

新世代「LUMIX G」の始まり――「DMC-GX1」 (1/4)

新しい「LUMIX G」として登場した「DMC-GX1」は、サイズも使い勝手もクオリティも高レベル。オーソドックスなコンパクト系ミラーレス機が欲しい人や、スナップメインの高品位カメラが欲しい人は、第一候補に挙げていい。

[荻窪圭,ITmedia]

 パナソニックのマイクロフォーサーズ機で最もコンパクトなのがGFシリーズだが、GF1→GF2とどんどん丸くなり、GF3にいたっては丸っこくてかわいくなるわ、EVFは装着できなくなるわ、電子ダイヤルがコンデジのようなロータリーダイヤルになるわでずいぶんと可愛くなってしまった。ああ、GF1のあの四角いボディはどこへいったとお嘆きの方も多かろう。

 だがしかし、その裏で着々と準備されてる新シリーズがあったのだ。DMC-GX1(以下 GX1)である。見た目は明らかにGF1系で、むしろこれをGF3という名にし、今のGF3は別シリーズにした方が良かったんじゃないかと思えるくらいである。

photo 「LUMIX G X VARIO PZ 14-42mm/F3.5-5.6 ASPH./ POWER O.I.S.」を装着したGX1。オーソドックススタイルの四角いボディにしっかりしたグリップというシンプルなデザインだ

 立場的には、GX1はGF3の上位に位置づけられる。ちまたでは女性向けにGF3、男性向けにGX1なんていわれてもいて、GF3とは違い、撮影モードダイヤルも電子ダイヤルもアクセサリシューもしっかり用意されている。

 変わったのは見た目のみならず、中身もけっこう進化してた。新世代のはじまりを予感させるのだ。

電動ズームとGX1

 電動ズームを搭載した新レンズには「Xシリーズ」という名がついており、GX1のネーミングもまたそれを意識したものだろう。レンズキットにもその電動ズームレンズがついてくるので、まずはそこから。

 レンズ名は「LUMIX G X VARIO PZ 14-42mm/F3.5-5.6 ASPH./Power O.I.S.」……あまりに長すぎるので、以降は単純に「PZ 14-42mm」と書く。PZはパワーズームの略だろう。このレンズは従来の14-42mm(「LUMIX G VARIO 14-42mm/F3.5-F5.6 ASPH./MEGA O.I.S.」)のワンランク上と位置づけられていて、LEICAブランドの25mmF1.4(「LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4 ASPH.」)と同じナノサーフェイスコーティングでゴーストを抑えている。

photo 本体電源と連動して繰り出される電動ズームレンズ。左手でズームレバーやフォーカスレバーを操作する
photo 「LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4 ASPH.」を装着。これも似合う組み合わせだ

 PZ 14-42mmで驚いたのは薄いこと。沈胴時のサイズは単焦点の20mmF1.7とあまり変わらない。このコンパクトさはすごい。電動式ズームレンズというと、どうしても大ぶりでずんぐりしたものを想像しちゃうから。

 本体の電源を入れるとレンズがうにーっと出てくる。電源をオフにすると引っ込む(当たり前だけど、電源をオンにしたままレンズを外しちゃうとそのままなので注意)。ズームレバーはレンズにあり、左手で操作する位置にある。ズーミングの速度は変更可能だ。

 よくぞこの大きさにしたなあと思う。コンパクトさを求めてこのレンズを買うのもアリかも。もちろんPZ 14-42mmは既存のマイクロフォーサーズ準拠モデルでも利用可能で、カメラ本体をファームアップすることで、電動ズームレンズ用のメニューが追加される。

 続いてカメラ本体。

 撮像素子は有効1600万画素の4/3型 Live MOSセンサー。先にこの画素数を達成したG3と同じものかと思われるが、G3が最高ISO6400だったのに対し、GX1はISO12800までISO感度を上げられる。

 ちょいとG3と比べてみる。

photo 左がG3、右がGX1。どちらもISO6400で撮影

 こうしてみると、等倍で観ても極端な差はなく、GX1の方が若干いい程度。画像処理エンジンの高性能化によるものだろう。さすがにISO12800では無理があるが、ISO3200あたりの画質はかなり滑らかになってる。ちなみに可能なISO感度はISO160から12800。ISO100スタートにして欲しかった。

 動画はフルHD対応だが、AVCHDだと1080/60i、MP4だと1080/30pで撮れる。GF3やG3はフルHDはAVCHDのみで、それ以外はモーションJPEG(720pが最大)という状況だったので、ワンランク進化している。

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.