ニュース
» 2012年01月10日 10時25分 UPDATE

シグマ、F2.8の望遠マクロレンズ「SIGMA APO MACRO 180mm F2.8 EX DG OS HSM」

シグマは、等倍撮影が可能な180ミリの望遠マクロレンズとして、初の大口径F2.8を実現(同社)した「SIGMA APO MACRO 180mm F2.8 EX DG OS HSM」を発表した。

[ITmedia]

 シグマは1月10日、望遠マクロレンズ「SIGMA APO MACRO 180mm F2.8 EX DG OS HSM」を発表した。発売日と価格はいずれも未定。

photo 「SIGMA APO MACRO 180mm F2.8 EX DG OS HSM」

 等倍撮影が可能な180ミリの望遠マクロレンズとして、初の大口径F2.8を実現(同社)した製品で、手ブレ補正機構「OS」はシャッタースピード4段分の効果を持つ。レンズ構成はFLD(“F” Low Dispersion)ガラス3枚を含む14群19枚で、AFには超音波モーター「HSM」を採用している。また、フローティングインナーフォーカス方式の採用によって、撮影距離の変化に伴う非点収差や歪曲収差の変動を押さえたという。

 最短撮影距離は47センチで、最大撮影倍率は1:1。フィルター径は86ミリ。サイズは95(最大径)×203.9(全長)ミリ。(※初出時、フィルター径の数値が誤っておりましたので、訂正させて頂きました)

関連キーワード

マクロ撮影 | 望遠 | SIGMA | 手ブレ補正


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.