ニュース
» 2012年01月18日 16時00分 UPDATE

富士フイルム、選べる2色の乾電池対応30倍ズーム「FinePix S4500」

富士フイルムは三形乾電池対応の30倍ズームレンズ搭載デジタルカメラ「FinePix S4500」を発売する。ボディカラーにはホワイトも用意する。

[ITmedia]

 富士フイルムは1月18日、デジタルカメラ「FinePix S4500」を2月11日より販売開始すると発表した。価格はオープンで、実売想定価格は2万9800円前後。

photophoto 「FinePix S4500」

 既存モデル「FinePix S4000」と同様、35ミリ換算24〜720ミリの光学30倍“フジノン”レンズを搭載した高倍率ズーム機。2センチまでの接写が可能なマクロ撮影機能のほか、モニターに撮影範囲のフレームを表示し、フレーム外の状況を見ながら撮影できる「ねらい撮りズーム」、1回のシャッターで等倍/1.4倍/2倍の3段階撮影を行う「ズームアップ3枚撮り」などの撮影機能を備えている。手ブレ補正はCCDシフト式で、最高ISO6400の高感度撮影と合わせて高倍率撮影時の手ブレ/被写体ブレを抑制する。

photo 背面液晶は3型(23万画素)で、0.2型(20万画素)の電子ビューファインダーも搭載する

 最大1280×720ピクセルのハイビジョン動画を撮影可能なほか、静止画の撮影機能としては6つのシーンをカメラが自動的に認識して最適な撮影設定を施す「シーンぴったりナビ」、顔検出機能「顔キレイナビ」などを備える。

 撮像素子は1/2.3型 有効1400万画素CCDで、最大1280×720ピクセルのハイビジョン動画も撮影できる。単三形乾電池4本(アルカリ、充電式ニッケル水素、リチウム対応)で駆動する。背面液晶は3型(23万画素)で、0.2型(20万画素)の電子ビューファインダーも搭載する。サイズは118(幅)×80.9(高さ)×99.8(奥行き)ミリ、約543グラム(付属電池、メモリーカード含む)。ボディカラーはブラックとホワイトの2色を用意する。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう