ニュース
» 2012年01月18日 16時00分 UPDATE

タフネス性能アップ、ダブルロックでトラブル防止 「FinePix XP150」

富士フイルムがタフネス性能を備えたデジタルカメラ「FinePix XP150」を発売する。既存モデルより防水/対衝撃性能を高め、フルHD動画撮影機能も備えた。

[ITmedia]

 富士フイルムは1月18日、タフネス性能を備えたデジタルカメラ「FinePix XP150」を2月11日より販売開始すると発表した。価格はオープンで、実売想定価格は2万7800円前後。

photophotophoto 「FinePix XP150」 カラーはオレンジ、ブルー、ブラック

 既存のモデル「FinePix XP30」からタフネス性能を大幅に高め、 水深10メートル(5メートル)の防水性能と高さ2メートル(1.5メートル)からの落下に耐える対衝撃性能を身につけたほか(カッコ内はXP30)、引き続き、マイナス10度までの環境に耐える「耐低温性能」、砂やほこりの侵入に耐える「防じん性能」を備えている。

 ボディデザインにも変更が加えられ、よりグリップ感を高めているほか、電池フタ部分はダブルロック構造とすることで落下などの衝撃が本体に加わった際のトラブルを予防する措置が取られている。

 反射防止措置の施された液晶モニター(2.7型 23万画素)はXP30比で約2倍の輝度を持ち、晴天下での操作性を高めている。電子コンパスを新搭載したGPSはアンテナ位置が本体上部に移動したことで、測位時間の短縮を実現。撮影地点を軌跡として表示する機能も備えた。

 撮像素子は1/2.3型 有効1440万画素CMOSセンサーで、1920×1080ピクセルのフルハイビジョン動画も撮影可能。レンズは35ミリ換算28〜140ミリ相当の“フジノン”光学5倍ズームレンズを搭載する。サイズは102.7(幅)×71.3(高さ)×27.4(奥行き)ミリ、205グラム(バッテリー、メモリーカード含む)。

Copyright© 2014 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.