ニュース
» 2012年01月19日 14時54分 UPDATE

無線LAN搭載モデルも用意、見るも楽しい iVIS「HF M52」「HF M51」

キヤノンがデジタルビデオカメラ“iVIS”「HF M52」「HF M51」を発売する。業務用カメラと同等のセンサーに4つのブレ補正を搭載にしたほか、上位機は無線LANでiPhoneやパソコンへ映像をワイヤレス転送して楽しめる。

[ITmedia]

 キヤノンは1月19日、デジタルビデオカメラ“iVIS”の新製品「HF M52」「HF M51」を3月上旬より販売開始すると発表した。上位モデルのHF M52は無線LAN機能を搭載する。いずれも32Gバイトのメモリを内蔵しており、価格はオープン。実売想定価格はHF M52が8万5000円、HF M51が7万9800円。

photophoto 「HF M52」
photophoto 「HF M51」

 いずれも既存モデルと同様に1/3型 総画素数約237万画素の「HD CMOS PROセンサー」を搭載するが、新たにMP4記録(1280×720ピクセル)に対応したほか、HF M52はIEEE 802.11b/g/n準拠の無線LAN機能を搭載した。

 用意されるiOSアプリによって、HF M52で撮影したJPEG静止画とMP4動画をiPhoneやiPadなどiOS搭載端末へ無線転送し、より大きなディスプレイで映像を楽しめる。転送された映像(静止画)はiOS搭載端末のローカルストレージに保存されるため、一度転送すればビデオカメラのバッテリー残量を気にせずに再生を楽しめるのもメリットといえる。

 同様にパソコンへの無線転送も行えるほか、LAN内にDLNA対応テレビがあればそちらへ動画を転送して鑑賞することもできる。DLNAテレビへの転送についてはAVCHD形式の動画でも問題ない。パソコンへの転送については、Eye-Fiにも対応する。

 レンズは35ミリ換算43.6〜436ミリ(動画撮影時)の光学10倍ズームレンズで、手ブレ補正には、シーンに合わせて最適な補正方法を4つの内からカメラが自動的に選択する「マルチシーンIS」を搭載する。また、被写体や撮影時の状況に応じて最適な設定が自動的に行われる「こだわりオート」も既存製品に引き続き搭載されている。

 「入園・入学式」「運動会」「結婚式」「スポーツ」などシナリオを選択し、画面の指示に従って撮影を続けていくだけで、ストーリー性のある映像を撮影できるアシスト機能「シナリオモード」のシナリオ数は13を用意。また、付属ペンで静止画や動画にも自由に書き込みができる「タッチデコレーション」も27種類を用意した。

 内蔵メモリは両モデルとも32Gバイトで、内蔵メモリに記録されたAVCHD動画をMPEG-2に変換してSDメモリーカードへ書き出す機能も備えている。液晶は3型(23万画素)タッチパネルで、本体サイズは68(幅)×64(高さ)×121(奥行き)ミリ、365グラム(撮影時重量)。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう