ニュース
» 2012年01月31日 19時35分 UPDATE

世界最薄20倍ズーム、GPS地図連動も搭載したムービーデジカメ「DMC-TZ30」

光学20倍以上のズームレンズを搭載したデジカメとしては世界最薄(同社)の「DMC-TZ30」をパナソニックが発売する。AVCHD Progressiveでの動画撮影も可能だ。

[ITmedia]

 パナソニックは1月31日、コンパクトデジタルカメラ“LUMIX”の新製品「DMC-TZ30」を3月8日より販売開始すると発表した。価格はオープンで、実売想定価格は4万円前後。

photophotophoto 「DMC-TZ30」

 新構造の光学20倍ズームレンズ(35ミリ換算24〜480ミリ相当)を搭載、光学20倍以上のズームレンズを搭載したデジカメとしては世界最薄(同社)となる厚さ28.2ミリを実現したモデル。高倍率ズームレンズ搭載モデルながら、AFポイントを関知するセンサーの駆動を高速化することで、最速0.1秒という高速AFも同時に実現している。

 撮像素子は新採用された高感度タイプの1/2.33型 有効1410万画素MOSセンサー。高感度とすることで暗所画質を向上させたほか、高感度撮影時のノイズを低減するため、エッジ部などに最適なノイズリダクションを施す「3NDR技術」と、明暗部のノイズ量を見分けてノイズリダクションを施す「マルチプロセスNR技術」を実装し、状況に応じて自動的に使い分ける。

 動画についてはMP4およびAVCHD Progressiveに対応しており、1920×1080ピクセルのフルハイビジョン動画が撮影可能。歩きながらの撮影でもブレを低減する手ブレ補正モード「アクティブ」も用意する。また、録音時に風きり音を低減する「オート風音低減」「ズームノイズキャンセル」も搭載している。

 既存TZシリーズと同様にGPSも搭載する。地図連動機能も用意されており、付属DVDからSDメモリーカードへ地図データをコピーすれば、1/25000詳細地図データをカメラの背面液晶に表示させながら、表示した地図周辺で撮影した写真を楽しむこともできる。

 背面液晶はタッチパネルの3型(46万画素)で、本体サイズは104.9(幅)×58.9(高さ)×28.2(奥行き)ミリ、約206グラム(バッテリー、SDメモリーカード)。カラーはブラック、レッド、シルバーの3色を用意する。

関連キーワード

LUMIX | パナソニック | AVCHD | ハイビジョン


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.