ニュース
» 2012年02月01日 16時00分 UPDATE

簡単手軽にスマホ転送 無線LAN搭載の「FinePix Z1000EXR」

富士フイルムが、スリムなスライドボディに、無線LANでスマートフォンなどへ撮影画像を送信できる機能を搭載した「FinePix Z1000EXR」を発売する。

[ITmedia]

 富士フイルムは2月1日、コンパクトデジタルカメラ「FinePix Z1000EXR」を2月18日より販売開始すると発表した。価格はオープンで、同社直販サイト「富士フイルムモール」での販売価格は2万9800円。

photophoto
photophoto 「FinePix Z1000EXR」

 スリムなスライドボディに、無線LANにてスマートフォンやタブレットへ撮影画像を送信できる「スマートフォン送信機能」を搭載した。スマートフォン/タブレットに専用アプリ(iOS/Android)のインストールをする必要はあるが、本製品の無線LANはスマートフォン/タブレットへの画像転送に特化した実装となっており(本製品から無線LAN機能でパソコンやルータへ接続できない)、手軽に転送できる。

 赤外線通信機能(IrSimple/IrSS)も搭載しており、無線LANを搭載しない携帯電話やIrSimple/IrSSを搭載したデジタルカメラなどへ、ワイヤレスで画像を転送することも可能だ。

 レンズは35ミリ換算28〜140ミリの光学5倍ズームレンズで、超解像技術による「超解像ズーム」を用いれば10倍相当の望遠撮影も行える。撮像素子は1/2型 有効1600万画素のEXR CMOSセンサーで、撮影モード「プレミアム EXR AUTO」では、従来の99パターンを上回る103パターンから最適な撮影設定を自動で施してくれる。

 顔検出の精度も向上したほか、顔追尾AFも搭載。ボディ前面のレンズ脇にはミラーが設けられており、高精度な顔検出と合わせて自分撮りも楽しめる。自分撮りについては、設定した人数を認識すると自動的にシャッターを切る「自分撮りタイマー」、ふたりの顔が近づくとシャッターが切れる「恋するタイマー」も用意している。

 背面液晶はタッチパネルの3.5型(46万画素)で、再生時に画面を分割して別の画面を表示できる「2画面サクサク再生」も利用できる。本体サイズは102.1(幅)×59.7(奥行き)×18.3(奥行き ミリ)、約157グラム(バッテリー、SDメモリーカード含む)。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう