ニュース
» 2012年02月02日 16時04分 UPDATE

リコー、GXR用にAPS-Cサイズセンサー搭載ユニット「RICOH LENS A16 24-85mm F3.5-5.5」

リコーがAPS-Cサイズ(23.6×15.7ミリ)有効1620万画素CMOSセンサーに、35ミリ換算24〜85ミリの光学3.5倍ズームレンズを組み合わせたGXR用カメラユニットを発売する。

[ITmedia]
photo 「RICOH LENS A16 24-85mm F3.5-5.5」

 リコーは2月2日、「GXR」用カメラユニット「RICOH LENS A16 24-85mm F3.5-5.5」を3月下旬より販売開始すると発表した。価格はオープンで、実売想定価格は6万円前後。GXRボディとのセットも用意される。

 APS-Cサイズ(23.6×15.7ミリ)有効1620万画素CMOSセンサーに、35ミリ換算24〜85ミリの光学3.5倍ズームレンズを組み合わせた。レンズは両面非球面レンズ3枚を含む9群11枚構成で、9枚の円形絞り羽根によって細かな絞りの設定も行える。

 画像処理エンジンは「Smooth Imaging Engine IV」が採用されており、滑らかな階調と低ノイズを実現。白飛び/黒ツブレを軽減する「ダイナミックレンジ補正」機能も用意されている。ISO感度は最高3200で、1EVもしくは1/3EV単位での設定が可能。ISO感度の異なる3枚の画像を連続撮影するISOブラケット機能も備える。また、RAWのみの撮影モードが用意されたほか、電子水準器もアオリ方向の検知/表示が可能となった。

 AFについてはスポットAFのサイズを「ノーマル」「ピンポイント」の2種類から選択できるほか、MF時の精度向上を図るため、輪郭とコントラストを確認しながら撮影できるフォーカスアシスト機能が用意されている。

 画像設定のカスタマイズは9段階となり、また、設定カスタマイズ「マイセッティング」は本体に6つ、SDメモリーカードに6つが保存可能。自分でカスタマイズした撮影設定をユーザー同士で交換することもできる。シーンモードには「ソフトフォーカス」「クロスプロセス」「トイカメラ」「ミニチュアライズ」「ハイコントラスト白黒」の5つが追加されている。

 本製品の発売に合わせ、新設計の専用レンズフード「LH-2」(2835円)、レンズ開閉連動式レンズキャップ「LC-3」(2100円)などが追加された。

関連キーワード

GXR | リコー | カメラ | APS-C | CMOS


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう