ニュース
» 2012年02月06日 17時12分 UPDATE

タムロン、「世界初」手ブレ補正搭載のフルサイズ対応大口径標準ズーム

タムロンが35ミリフルサイズ対応の大口径標準ズームでは世界初(同社)となる手ブレ補正機構を搭載した「SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD (Model A007)」の開発発表を行った。

[ITmedia]
photo 「SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD(Model A007)

 タムロンは2月6日、35ミリフルサイズ対応の大口径標準ズームでは世界初(同社)となる手ブレ補正機構を搭載した「SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD(Model A007)」の開発発表を行った。キヤノン/ニコン/ソニー用を用意する。発売日や価格など詳細は未定。2月9日より行われる「CP+」の同社ブースにて展示が行われる。

 レンズ構成はLD(異常低分散)レンズ3枚、ガラスモールド非球面レンズ3枚、複合非球面レンズ1枚、高屈折率レンズ2枚を含む12群17枚で、最短撮影距離は0.38メートル、最大撮影倍率は1:5(f=70mm時 最短撮影距離0.38メートル)。超音波モーター「USD」によって素早いAF駆動を実現するほか、円形絞りによって美しいボケ味を得られるという。

 フィルター径は82ミリで、サイズは116.9(全長)×88.2(最大径)ミリ、825グラム。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう