ニュース
» 2012年02月07日 14時00分 UPDATE

「キヤノン史上最高画質」 1.5型センサー搭載の「PowerShot G1 X」

キヤノンはコンパクトデジタルカメラ「PowerShot G1 X」を3月上旬より販売開始する。“コンパクトデジカメでキヤノン史上最高画質”をうたい、新レンズにDiGiC5、1.5型の大型センサーを組み合わせた。

[ITmedia]

 キヤノンは2月7日、コンパクトデジタルカメラ「PowerShot G1 X」を3月上旬より販売開始すると発表した。価格はオープンで、同社直販サイトでの価格は7万4980円。

 PowerShot G12(レビュー)の上位機種として、“コンパクトデジカメでキヤノン史上最高画質”をうたうハイエンドコンパクトデジカメ。1月にラスベガスで行われた2012 International CESにて、米キヤノンが展示していた。

photo 「PowerShot G1 X」

 撮像素子は新開発の1.5インチ(18.7×14ミリ) 有効1430万画素CMOSセンサー。同社デジタル一眼レフ「EOS 60D」などで採用されているAPS-Cサイズセンサー(22.3×14.9ミリ)と比肩するサイズとなっているほか、また、PowerShot G12(1/1.7型 有効1000万画素)に比べるとセンサーの面積は約6.3倍、画素あたりの受光面積では約4.5倍となり、大幅な画質の向上を期待できる。

photo

 昨年末に販売開始された「PowerShot S100」同様、マイクロレンズ占有率を高めることで集光効率を向上させ高ISO感度側へのレンジ拡大を図っているほか、第2世代のオンチップノイズ除去、ランダムノイズを抑制する画素内完全電荷転送など、同社デジタル一眼レフ「EOS」シリーズで培われた技術が導入されている。

 画像処理エンジンは「DiGiC 5」で、最高ISO12800の超高感度撮影が行えるほか、EOSシリーズ同様の14ビットRAW出力も行える。高速処理可能な画像処理エンジンの搭載もあり、フル画素で最高4.5コマ/秒の高速連写も実現している。高速処理可能なセンサーと処理エンジン「DiGiC」を組み合わせたノイズ低減/ダイナミックレンジ拡大システム「HS SYSTEM」も引き続き搭載されている。

 レンズは35ミリ換算28〜112ミリ相当の光学4倍ズームレンズで、絞りを6枚羽根構造とすることで大きく、美しいボケ味も実現した。開放F値はF2.8-F5.8。レンズ一体型の特長を生かすことで、4倍ズームレンズと大型センサーを搭載しながら、厚さは64.7ミリと押さえているのも特徴といえる。

photophoto

 本体天面には撮影モード/露出補正の2段ダイヤル、グリップ上部には電子ダイヤルを備えており、絞りや露出、シャッタースピードを素早く変更可能。ホットシューも用意されており、EOS用の外付けストロボなどを組み合わせることもできる。メニュー画面から設定可能な操作スタイルは、PowerShot GタイプとEOSタイプを選択可能だ。

 撮影機能としては被写体認識/自動設定機能「こだわりオート」や被写体や状況に応じて方式を切り替える手ブレ補正機能「マルチシーンIS」、1920×1080ピクセルのフルハイビジョン動画撮影機能などを備えている。液晶はバリアングルタイプの3型で、本体サイズは116.7(幅)×80.5(高さ)×64.7(奥行き)ミリ。

photo

Copyright© 2014 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.