ニュース
» 2012年02月07日 14時00分 UPDATE

PowerShot Aにもタッチパネル導入、「PowerShot A3400 IS」

PowerShot Aシリーズのスタンダードモデルが「PowerShot A3400 IS」へと進化。タッチパネルと異なる手ブレ補正が自動的に適用される「マルチシーンIS」が導入された。

[ITmedia]

 キヤノンは2月7日、コンパクトデジタルカメラ「PowerShot A3400 IS」を3月上旬より販売開始すると発表した。価格はオープンで、同社オンラインショップでの販売価格は1万7980円。

photophotophoto 「PowerShot A3400 IS」

 「PowerShot A3300 IS」の後継となる製品で、PowerShot Aシリーズとしては初めてタッチパネルによる操作インタフェースを導入したほか、35ミリ換算28〜140ミリ相当のズームレンズには状況に応じ、異なる手ブレ補正が自動的に適用される「マルチシーンIS」が導入された。

photo

 撮像素子は1/2.3型 有効1600万画素CCDで、画像処理エンジンにはDiGiC 4を組み合わせる。カメラが撮影状況や被写体に応じた撮影モードを自動的に選択する「こだわりオート」では32のシーンを識別する。最大1280×720ピクセルのハイビジョン動画撮影機能も搭載する。

 背面には状況に応じたヘルプをワンボタンで表示する「ヘルプボタン」を新たに搭載した。タッチパネル液晶のサイズは3型(23万画素)で、本体サイズは94.4(幅)×56.3(高さ)×21.3(奥行き)ミリ、約141グラム(バッテリー、メモリーカード含む)。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう