ニュース
» 2012年02月08日 11時00分 UPDATE

オリンパス、乾電池が使える21倍ズームデジカメ「OLYMPUS SP-620UZ」

オリンパスが単三形乾電池で駆動する21倍ズームデジカメ「OLYMPUS SP-620UZ」を発売する。

[ITmedia]

 オリンパスは2月8日、コンパクトデジタルカメラ「OLYMPUS SP-620UZ」を2月17日より販売開始すると発表した。価格はオープンで、実売想定価格は3万円前後。

photophotophoto 「OLYMPUS SP-620UZ」

 35ミリ換算25〜525ミリ相当の光学21倍ズームレンズを搭載するほか、720pのハイビジョン動画も撮影可能で、旅行や運動会など幅広いシチュエーションでの撮影に対応するオールインワンカメラ。デジタルズームを併用すれば84倍相当の望遠撮影も行える。手ブレ補正はCCDシフト式と高感度撮影を併用した「DUAL IS」を備える。

 撮像素子は1/2.3型 有効1600万画素CCDを搭載しており、デジタルフィルター機能「マジックフィルター」には、新たに1枚の画像をタイルのように並べる「ランダムタイル」が用意され、ポップ/ピンホール/フィッシュアイ/スケッチ/ウェディング/ロック/水彩/クリスタル/ミラー/ミニチュアの合計11種類を楽しめる。

 撮影機能としてはそのほかにも、犬または猫の顔を自動認識してピントを合わせるペットモードや3D静止画撮影機能も搭載する。電源には単三形アルカリ乾電池、もしくは単三形ニッケル水素電池を4本利用する。背面液晶は3型(23万画素)で、本体サイズは109.7(幅)×74.3(高さ)×73.7(奥行き)ミリ、435グラム(バッテリー、メモリーカード含む)。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう