ニュース
» 2012年02月08日 11時26分 UPDATE

ソニー、大口径超望遠レンズ「500mm F4 G SSM」受注を開始

ソニーは2月8日、Aマウント用の大口径超望遠レンズ「500mm F4 G SSM」の受注を開始した。価格は131万2500円。

[ITmedia]

 ソニーは2月8日、Aマウント用の大口径超望遠レンズ「500mm F4 G SSM」の受注を同日より開始すると発表した。価格は131万2500円。

photo 「500mm F4 G SSM」

 「G」レンズ中で最も焦点距離の長いモデルで、新たに開発された「ナノARコーティング」や植毛処理により、引き締まった黒を表現する。フォーカスホールドボタンを4カ所に設けるほか、DMF(ダイレクトマニュアルフォーカス)ボタンやフォーカス位置を事前に設定するプリフォーカス機能なども備える。

 レンズ構成はEDガラスレンズ3枚を含む10群11枚で、最短撮影距離は4メートル。最大撮影倍率は0.135倍。防じん防滴に配慮した仕様となっており、サイズは140(最大径)×367.5(長さ)ミリ、3460グラム。

 なお、本製品は2月9日より開催される「CP+」にて展示される。同社ブースでの展示概要やセミナースケジュールはこちらで確認できる。

関連キーワード

レンズ | 撮影 | Aマウント | ソニー | 望遠


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.