ニュース
» 2012年03月02日 16時55分 UPDATE

キヤノン「EOSシステム」が25周年

キヤノンの一眼レフカメラ「EOS」と対応レンズ群などで構成される「EOSシステム」が25周年を迎えた。

[ITmedia]
photo

 キヤノンは3月2日、一眼レフカメラ「EOS」システムが25周年を迎えたことを発表した。

 同社は1987年3月に一眼レフカメラ「EOS 650」ならびに「EF35-70mm F3.5-4.5」をはじめとしたEFレンズを投入して「EOSシステム」をスタート。それ以後にも「EOS-1」(1989年)、「EOS Kiss」(1993年)と製品を発表し続けた。

 現在ではデジタル一眼レフの普及に伴い、フラグシップ機「EOS-1D X」を筆頭に、ハイアマチュアモデルとしては「EOS 5D Mark III」「EOS 5D Mark II」「EOS 7D」「EOS 60D」、エントリーモデルとしては「EOS Kiss X5」「EOS Kiss X4」「EOS Kiss X50」と幅広く製品を展開している。

 また、プロ向け映像製作用レンズやカメラで構成される新システム「CINEMA EOS SYSTEM」も新たに立ち上げ、映画やコマーシャルといった用途に向けた製品の投入も行っている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.