ニュース
» 2012年03月21日 11時00分 UPDATE

構図もカメラにお任せ 「かんたん上手」を強化したエントリー 「α57」

ソニーはエントリーモデルのデジタル一眼カメラ「α57」を発売する。独自のトランスルーセントミラーテクノロジーを継承しながら「連写」「ズーム」「構図」の3要素について、強化が施された。

[ITmedia]

 ソニーは3月21日、デジタル一眼カメラ「α57」を4月13日より販売開始すると発表した。ボディのみ(SLT-A57)、「DT18-55 F3.5-5.6 SAM」(SAL1855)をセットしたズームレンズキット(SLT-A57K)、「DT50-200mm F4-5.6 SAM」(SAL55200-2)もセットしたダブルズームレンズキット(SLT-A57Y)が用意され、実売想定価格はボディのみが8万円前後、ズームレンズキットが8万5000円前後、ダブルズームレンズキットが10万5000円前後。

photo 「α57」

 「α55」(レビュー)の後継となるエントリーモデルで、独自のトランスルーセントミラーテクノロジーを継承しながら「連写」「ズーム」「構図」の3要素について、強化が施された。

 AF追従時の連写速度自体は約10コマ/秒とα55から変更されていないが、被写体が人物のAF追尾設定時に顔検出が外れた場合でも物体追尾モードへ自動的に切り替わるアルゴリズムが採用されたほか、最大約1.4倍にクローズアップする「テレコンモード」での連写ならばAF追従約12コマ/秒とさらに高速な連写撮影が可能となった(テレコンモードでのAF追尾撮影時は8.4M相当記録)。

 テレコンモードは画面中央部の切り出しによる拡大だが、全画素超解像によりフル画素(1610万画素)で記録する撮影モード。背面「ZOOM」ボタンのワンプッシュで起動し、十時キーおよび前面電子ダイヤルの操作により、装着レンズにかかわらず最大1.4倍まで拡大できる。なお、動画撮影および連写時には機能しない。

 構図については、顔検出を応用した「オートポートレートフレーミング」機能を新たに搭載した。被写体へカメラを向けるだけで、3分割法による構図をカメラが自動的に判断、トリミングを行い、空間を考慮した印象的な構図の写真を保存する。トリミングが行われるが全画素超解像によるフル画素相当記録となるほか、縦横の判断も自動的に行われる。オリジナルの画像も保存される。

photophoto オリジナル(写真=左)と「オートポートレートフレーミング」による切り出し画像(写真=右)

 顔検出を応用した機能であるためフレーム内に人物がいないと機能しないほか、複数人がフレーム内にいる場合は、主被写体としてカメラが認識した人に対して構図取りが行われる。ただ、RAW記録時やMF記録時にも機能しないほか、撮影モードが連写や動画となっている場合にも機能しない。また、連写合成を自動的に行う撮影モード(HDRなど)が選択されている場合にも機能しないなどの制限もある。

 撮像素子はAPS-Cサイズの有効1610万画素“Exmor APS HD CMOSセンサー”で、画像処理エンジンには「BIONZ」を組み合わせる。常用ISOは100〜16000(オート時は100〜3200)で、交換レンズに応じた周辺光量低下/倍率色収差/歪曲収差を撮影後の画像処理で補正する機能も搭載する。

 AFシステムにはミラーを半透過型のミラーとして、レンズから入り込んだ光は常時、位相差AFセンサーと撮像素子へ導かれるトランスルーセントミラーテクノロジーを引き採用しており、測距点は中央3点クロスの15点。レリーズタイムラグは約0.05秒となっている。

 動画撮影時も位相差AFによる高速なピント合わせが行え、AVCHDおよびMP4形式による保存が行える。新たにP/A/S/M撮影時にもマニュアル録画を行え、手ブレ補正「アクティブ」も機能する。センサー出力60pも新たに実現しており、最大画像サイズとビットレートはAVCHD選択時には1920×1080ピクセル(60p/28Mbps)、MP4選択時には1440×1080ピクセル(30fps/12Mbps)となる。α55で問題視された熱についても対応が進められ、環境温度30度でも約29分の録画を行える。

 ファインダーは有効約144万画素の電子式(α55は約97万画素)で視野率は100%、被写体倍率の変更が可能となっているために利用者がメガネをかけている場合でも見やすさが保持されるほか、EVFであるため、露出補正やホワイトバランス、ピクチャーエフェクトなどもリアルタイムに確認できる。

photo

 撮影モードにはP/A/S/Mなどのほか、シーンに応じて連写合成も自動的に行う「プレミアムおまかせオート」を用意する。従来機では「AUTO+」と表記されていたものの名称変更で、挙動しては「α65」などに用意されている「オートアドバンス」と同様となる。背面液晶は下ヒンジの可動式で、サイズは3型(約92万画素)。本体サイズは132.1(幅)×97.5(高さ)×80.7(奥行き)ミリ、約618グラム(バッテリー、メモリースティックPROデュオ含む)。

iconicon

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.